個人旅行大好き!村山さんちの家族旅行記!

ツアーを予約して、集団でゾロゾロ海外で観光。帰国して、思い出すことはなんですか? そういえば、何したっけ? そんな経験ありませんか? そうです。添乗員に着いていくのはラクですが、そんなに覚えてないことが多いんです。さらに、 そこは興味ないんだけど^^; ってことないですか? どうせなら、自分が本当に興味あるとこだけ、訪れたいですよね!? そんな方に読んで欲しい、完全個人手配の旅行記です!

旅の雑記帳

スポンサードリンク

父です。
今日は、5年半前のパリ旅行の時、初めてスリにあった体験談と、昨年の南フランスでのスリ未遂についてです。

【パリの地下鉄】

パリの地下鉄

まずは5年前の事件

【被害額】
被害は現金で1万円弱だが、すられたショックで、しばらく気落ちした。
楽しいはずのパリも2日~3日は、繰り返しその場面を思い出してしまった。

【経緯】
経緯はパリで夕方、相当な買い物をし、皆両手が塞がった状態で地下鉄に乗ろうとしたときだ。入線してきた電車に乗り込もうとすると、なにか邪魔する人がいて乗りにくかった。何とか押し合いながら乗った瞬間、私の左のポケットに手が入ってきたのを感じ、反射的にその手を払った。が次に、娘が「おかしい」と叫んだ。前に抱えていたバックのチャックが開いていたのだ。
周りの雰囲気は、私たちへの強い視線があり厭な感じが漂っていた。そのまま次の駅で降り、すぐに調べたらバッグの財布がなかった。同時に下車したサラリーマン風の男性が、「少女たちがスリをした」と言いに来てくれた。


【犯人・手口】

少なくとも4~5人以上の犯行者が想像される。


一人目:電車から降り、邪魔をしながらバッグのチャックを開ける役。(その上、同時に財布も盗ったか。)
邪魔をすることで、体を接触し、バッグのチャックを開けを気づきにくくする。また、乗り込もうとする私たちにドアが閉まらないうちに乗り込もうと焦らせ、バッグから気を遠ざける。


二人目:私のポケットを狙った少女。
まだ小学生くらい。これも犯人達の狙いだろうか。失敗しても、少女なので、警察に突き出す気がでない。せいぜい怒った顔をするくらいで済ませてしまう。まだ修行中かも。


三人目:チャックの開いたバッグから財布を抜き取る役。
気を付けて財布らしくない入れ物に現金を入れておいたけれど、よく現金が入ったものを瞬時に選択したと思う。


四人目:抜き取った財布をリレーする役。
万一、仕事がバレ、騒がれても証拠が見つからない。

その他数人:用心棒役
電車内の雰囲気で気が付いたことは、私たちを囲んでいること。用心棒的な男性もいたと思う。騒がれた場合の処理班と思われる。


【プロのスリ集団】
電車がホームに入線し、ドアが開いて、閉まるまでの一瞬に、バックのチャックを開け、中の財布を抜き取った。わざと電車に乗りにくくし、時間と人の接触の機会を作り、瞬時に抜き取り、盗品はすぐに仲間内にリレーし犯罪を隠す。同時多発の犯罪を犯すプロのスリ集団。


昨年の南仏での未遂事件


【被害額】

未遂につき被害なし。


【経緯】
南仏エクスアンプロヴァンス駅に到着し、ホームから改札出口までの途中に上り階段があった。重いスーツケースを必死で押し上げていた時、私の腰に何者かの手が触れ、瞬間、スリと気づきその手を払い除けた。腰ポシェットのチャックが開いていた。


【犯人・手口】

少女軍団(恐らく中学生から高校生くらい)。5~6人が大騒ぎで階段を上ってきて、最初の少女は不自然に微かに接触、2番目の少女が、ポシェットに手をかけた。
次に、3人目が同じような動きだが、気が付いた私の手がポシェットを押さえていた。やり過ごしてから、スーツケースを押し上げた。
何人かがグループを組み波状攻撃する手口。気を逸らすため集団で大騒ぎしながら近づく。パリに比べれば単純な手口。
このスリには、旅行前に外務省から発信された情報で、「ニースを中心とする少女のスリ集団が暗躍している」。この情報を知っていたので直ぐにスリと気が付いた。


もし、パスポートがスリにあったら。。。
パスポート、クレジットカードや多額の現金だったら結構大変。パスポートの場合は出国できないので、すべて予定をキャンセルして日本大使館に行かねばならないし、クレジットカードだったらすぐに連絡して、扱いをストップしなければならない。もう、すでに使われている危険もある。現金は戻ってくることは100%ない。
経済的な損失もさることながら、楽しいはずの旅行も台無だ。
最近はスマホも狙われているようだ。せっかくの思い出の写真も失うことになる。
実際に多くの方がパスポートやスマホを盗られている。
すられて(痛みを覚えて)から初めて気を付けるようになる。お互い気を付けましょう!!。。。

安全な旅行のために

日本ではジーパンの後ろのポケットに長財布を入れている光景をよくみる。財布の半分は露出しているのである。私の若い頃(40~50年前)には日本でもスリは相当数いて、特に電車内は横行していた。スリ以外にも置き引きで、玄関先の革靴が盗まれた。電車の網棚の荷物が盗まれたなど枚挙にいとまがない。
残念ながら現在でも、まだ、今回旅行した文明国のイタリア、フランスでさえも相当な犯罪がある。盗難ならまだしも生命が危険に晒される場合もあり得る。
軽度の被害、旅行中にパスポートや現金、クレジットカードが盗まれたら。。。楽しいはずの旅行が一転して暗い思い出になってしまう。
では、重度の被害だったら。。。
日本は平和に慣れ、いわゆる「平和ボケ」していることを考慮に入れると、少し、用心深いくらいで良いのではと思う。そんな思いで次のような「安全な旅行のために」の実践経験策を列挙した。


【貴重品の携帯方法】

貴重品のパスポート、現金、クレジットカードは必ず、腹巻タイプのセキュリティーポーチに入れること(夏季用もあり)。この腹巻タイプのセキュリティーポーチはズボンやスカートの下に巻くためセキュリティーは高い。ただし、当日の旅程でパスポートポートやクレジットカードを多用する場合は、次のひも付きポーチにする。


【ひも付きポーチ対策】

財布らしくないポーチに携帯するバッグに、ひも(できれば金属製チェーン)で接続する。万一、バッグがあけられポーチに犯人の手が及んでも気が付くので、効果は大。また、財布らしくなポーチのようなものの方がより良い。
その他、スマホなども接続すること。念のため接続しないダミー財布も多少効果があるかも知れない。


【スキミング防止】

パスポート、クレジットカードなどはスキミング防止のカードケース(磁気データ保護)に必ず入れること。カードは手渡さなくても、外部からスキミングされる。1000円以下で購入できる。ケースは薄から扱いやすい。


【ワイヤーや鍵対策】

ワイヤーは長いものと短いものが必要。長いワイヤーは列車に乗る場合、スーツケースを置き場に固定する場合に用いる。イタリア・フランスの列車は入口に荷物置き場があり客席は中の方なので、荷物の様子が見えない。ワイヤーを巻けば安心。
ここで注意。というか失敗。ワイヤーの鍵がダイアル数字合わせ式のものを使用した時のこと、開錠するのに暗くて見えない場合があった。で、南京錠式の方が良い。
短いものは、バッグとスーツケースを繋ぐなど用途も多い。


【バッグ対策】

バッグなどの取り出し口は自分の腹部側に。リュックなど背中側にチャックなどはもっての外。正面でもスリは気が付かないうちにチャックを開けられる。
自分の腹側にあれば安心度は高い。できれば、危険地帯はその上に腕でカバーすれば尚いい。
なお、ポケットの財布は絶対ダメ。
ただし、あまり警戒し過ぎる態度が逆に不自然でスリの興味(なにか高価なものを持っている)を促す可能性があるので適宜に。


【服装や手荷物】

当然、華美な服装やブランド品の紙袋などを持って、しゃなりしゃなりと歩いていれば、スリの標的になりやすい。スリ側も簡単に、安全に、儲かる獲物を物色している。
絵にかいたような獲物だ。外出時は華美な服装や高価な装飾品は避けた方がいい。


【隊列】

複数人の場合だが(我が家は4人)、通常の街歩きは二列縦隊がいい。会話も自由にでき、互いに監視できる。狭い通路などの通過は、最も頑強な者を最後に配置する。
最終者は最も危険であると同時に、全員を監視できる位置にいるからである。


【警備】

ATM操時や、支払い時(財布やカードを露出する)などはオペレーションする人以外の者は周りを囲み警備すること。安全と思われる店内でも、プロは見ていて、どの人のどのバックの中のどのようなのもを盗るか観察している。通常よりも、ちょっとでもハードルを高くすることで、危険度は一気に落ちる。


【置き引き注意】

空港や駅、ホテルでの待ち時間などで、スーツケースを放置している人がいるが、かなり危険だ。必ず見張り番を置くこと。


【危険な場所と時間】

当たり前のことだが、人通りの少ないところ、夜間、暗いところなど危険なところには行かないこと。大丈夫などと勝手に根拠のないことを思わないように。
屈強な複数人に囲まれたとしたら。。。貴方は大丈夫なのですか?


【緊急用備忘録】

クレジットカードが盗まれた場合には、すぐに停止依頼をするための連絡先を備忘録として持って置きたい。窃盗以外でも緊急時の連絡先も必要であろう。
パスポートは必ずコピーを撮り重要書類(ホテルの予約票や電車のチケット等)と一緒にしておくこと。パスポートの写真もあれば、再発行時に役立つらしい。


以上、安全なご旅行を。。。



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

スポンサードリンク
台湾で買ってきた食材で料理を作った。
「馬告煎蛋」
一品目は、「馬告煎蛋」と言い、馬告を入れた卵料理。馬告は烏來の特産物で、爽やかなレモングラスの香りがする香辛料。
料理に入れたり、スープにも良いらしい。残念ながら日本では手に入らない。
レシピは超簡単。写真のものは、鶏卵6個を撹拌、馬告10~20粒をある程度すり潰し混ぜる。フライパンで焼くだけ。
烏來の食堂で頼んだものと、私の料理とは見た目は変わらない。
烏來の香がした。。。

【馬告】
IMG_0199

【私の馬告煎蛋】
IMG_0205

【烏來の食堂の馬告煎蛋】
烏來馬告卵料理


「冬茹湯麺」
二品目は、「冬茹湯麺」と言い、干椎茸を入れたラーメン。干椎茸は台北の迪化街で買ってきたもの。
レシピは超簡単。干椎茸を一晩、水で戻し適当にカット。それに細切した長ネギをスープに加え、最後に片栗でとろみをつけた。
何と言うわけではないが、一応、台湾素材の料理。
どうしてだろう?、私の良く行く中華屋の「しいたけそば」の方が断然うまい。

IMG_0198

【自作の冬茹湯麺】
IMG_0206


ついでに干椎茸を利用して「中華粥」
中華粥は米をごま油で炒めてから、中華だしで炊いたもの。私は中華だしに味覇(ウェイパー)を使っています。炒め物など何でも使え便利です。具材は干椎茸、乾燥貝柱、鶉のたまご、みつ葉。なお、好みにより辛いタレは如何でしょうか。ごま油を熱し、にんにくを入れ香りだしをする。その中に豆板醤を香りがでるまで炒める。粗熱をとったあと醤油をいれて完成。

【中華粥】
IMG_0204

参考記事:台湾癒しの旅・烏來編




♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

スポンサードリンク
旅の雑記帳、第一回は現在のブログのバック画像であるレオナルド・ダビンチの「最後の晩餐」についての雑感。
最後の晩餐情景

最近の写真・印刷技術は非常に優れ、画集でも本物と見紛うまでの精巧さで、印刷上とは言え絵画作品を鑑賞できる。特に、繊細な微かな表現の実現や、光源の工夫によりマチエール(絵肌)をより浮き出て見ることもできる。だが、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会で「最後の晩餐」を見てからこの考えは変わった。
「最後の晩餐」のある教会の元食堂の全空間が「最後の晩餐」となったのである。500年前は、静謐な時間と空間のなかで、聖職者はイエスの最後の晩餐を見ながら、イエスの血と肉の清廉な食事をしていたことであろう。その祈りのある空間全体が「最後の晩餐」のベースとなり、その上にこの「最後の晩餐」の作品がある。その密接な関連を感じてしまった後は、作品そのものだけでは物足りなくなってしまった。
2次元の平面絵画が、空間の軸を加え、3次元になった。
そしてさらに、500年という時間の軸を加えると4次元の作品となる。
小難しい芸樹論は別として、一鑑賞者して体感したことだ。

参考記事:イタリア・南フランス旅行:ミラノ編8日目/18日間
参考記事:この目でルネサンス美術を見てきました!!その4 最後の晩餐など



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今回は、買って良かった〜というお土産を紹介していきたいと思います!!


皆さん、イタリアと言えば??? 

・・・そうヴェネチアですね!!笑

ヴェネチアといえば??? 

・・・そうゴンドラですね!!笑

ゴンドラを漕いでるお兄さんはなんていうか知ってますか???

・・・そうゴンドリエーレですね!!
878f1d29-s


今回は、ゴンドリエーレのお兄さんが着用するゴンドリエーレグッズが手に入るお店を紹介します!
お店の名前は『EMILIO CECCATO』です。
リアルト橋の横にありますのですぐに見つけられると思います。
48

ヴェネチア編_170826_0288

Tシャツから帽子からダウンから色々販売しています!
興味のある人はEMILIO CECCATOの公式サイトからも何が売っているかわかりますので参考にしてください。

私は3つ購入しました(買いすぎか)

1つ目はゴンドリエーレボーダーTシャツ(2000~3000円)
パリ編_170826_0176
私服に合います。夏にはとてもいいです!

2つ目は、ゴンドリエーレダウンジャケット(8000円)
パリ編_170826_0179
かなり今の時期使用してます。デザインもオシャレだし、あったかいので機能的です。

3つ目はゴンドリエーレパーカー(4000円)
パリ編_170830_0178
これも外出する時に重宝してます!!裏地がボーダーになっています。


ゴンドリエーレグッズは日常使いしやすいのが魅力です。ボーダーが基調なので、色々な服に
合わせられ、さわやかな印象になりますよ!
また気付いた方もいらっしゃったと思いますが、胸のあたりにヴェネチアの都市の紋章があります。
あまり持っている人もおらず、「どこで買ったの?かっこいい!」とよく言われますよ〜〜

シーズンに合わせて色々な商品が販売されているようです。 
ぜひヴェネチアに行った際には、立ち寄って見てくださいね^^ 

にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

スポンサードリンク
うちの家族は5人と2匹。


2年前に保護してきた2匹。「きなこ」と「みるく」。
年賀状写真2015

毎日、ほんとに癒されてます。


きなこ
IMG_0679

みるく
IMG_0626



にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ