個人旅行大好き!村山さんちの家族旅行記!

ツアーを予約して、集団でゾロゾロ海外で観光。帰国して、思い出すことはなんですか? そういえば、何したっけ? そんな経験ありませんか? そうです。添乗員に着いていくのはラクですが、そんなに覚えてないことが多いんです。さらに、 そこは興味ないんだけど^^; ってことないですか? どうせなら、自分が本当に興味あるとこだけ、訪れたいですよね!? そんな方に読んで欲しい、完全個人手配の旅行記です!

旅の雑記帳

スポンサードリンク
     ~ 目次 ~
   1.烏來について
   2.いい温泉・檜風呂、温泉達人がいっぱい
   3.養生鍋、漢方、健康達人がいっぱい
   4.行楽地のご紹介


1.烏來について
烏來は原住民のタイヤル族の言葉で「温泉」という意味だそうだ。泉質は弱アルカリ性の無色透明・無臭。景色も渓流が清く、山は緑につつまれ大自然がいっぱい。
正月の早朝、浴場で外気(窓を大きく解放してある)にあたっても寒くないくらい温まる。
台湾でも裸で温泉にはいることができるのは烏來くらいで、他は水着着用だそうだ。(裸で入れる温泉を現地では「日式温泉」という。)烏來は台北から1時間あまり。気ままな個人旅行で寒い日本を離れ、ちょっと小龍包(ラーメンも)と温泉に行ってくる時代になったか。
現地の人は日帰りでの利用が多い。温泉街の端に大駐車場があり大型バスや乗用車が一杯。そのため10時ごろより人が増え、夕方7時ごろには閑散としてくる。街の人はタイヤル族の方も多いそうだ。烏來は、なにしろ健康そのもの。食べ物、飲み物は、薬膳、養生、漢方、などの字面がならび、人も優しい。温泉で心をリラックスさせ、食べ物で体調を整える。

【中心街「老街」】

烏來の」橋

2.いい温泉・檜風呂、温泉達人がいっぱい
大浴場は日本と同じように裸で入れる。風呂は熱めの湯、温めの湯、水風呂があり、温めの湯には、打たせ湯や泡風呂もある。その他、シャワールーム、休憩室、マッサージ室(有料)も完備さている。大浴場の外部に面しているところは、大きく開口されて外気が入る。裸で立つと風が気持ち良い。
大浴場に入ってみると達人がいっぱいだ。湯船から出てストレッチしている人。お茶を飲みながら風にあたっている人。リクライニングで休んでいる人、打たせ湯で長々肩をマッサージしている人。。。皆さん温泉の楽しみ方を熟知している達人だ。
ホテルの個室では檜風呂が楽しめる。やはり風呂は檜風呂に限る。見た目も暖かく、なにより香りがいい、癒される。これで私も達人になった。

【客室内の檜風呂】
檜風呂2

3.烏來は健康達人
烏來に来て、料理はどれも旨かったが、中でも竹筒販が特筆される。もち米のねっとりとした旨味の中に、クルミや木の実が入り、竹の香りが一層際立たせる。なんとも食が進む。
また、馬告の入った卵料理の「馬告煎蛋」は初めて食べた。馬告とはレモングラスの香りと胡椒の様な苦みがし、料理に混ぜたり、スープに入れるとのこと。馬告は烏來の特産で日本では手に入らないらしい。それと養生鍋だ。種類は色々とあって鶏肉、羊の肉、牛肉、椎茸、木の実、など多品種が入っている。漢方で体に良い物だらけ。烏來は健康の達人でもある。
余談だが店でビールを注文したら、店の前の酒屋で買ってきてくれとのこと。店ではアルコールは置いていない。持ち込みだ。安くて明朗会計。

【店頭の養生鍋】

烏來養生鍋屋2

4.行楽地の紹介
老街(烏來温泉の中心街)から桶後渓に架かる烏來橋を渡るとトロッコ電車の乗り場への階段がある。階段はステップが狭く、かつ急こう配。それが、まだかまだかと長く続く。
息を切らせ乗り場へ。かつては木材運搬用だったが、現在は観光用。「烏來駅」から「滝」駅までの一区間、1.5㎞、5~6分で到着してしまう。
すがすがしい風景を眺めて、あっという間に「滝」駅に到着。そこからすぐの所にロープウェイの乗り場がある。ロープウェイは高低差165メートルを3分弱の運行。
山頂に着き、少し行くと「雲仙楽園」というアミューズメントテーマパークがある。
園内には、雲仙大飯店(ホテル)の大きな建物のほか、プール、アーチェリー、水生植物園、原野地区、湖、原住民を模る人形像など、盛りだくさんだ。山頂にこんなに多くの施設あるとは思わなかった。シーズンオフのため観光客も疎らで、施設も整備中の所が多かった。

【トロッコ電車】

烏來トロッコ2

気ままに正月、烏來に来たが本当にいい所だ。個人旅行はいい。なにも制約されずに好き勝手だ。温泉も食べ物も当たりだった。印象は温泉達人、健康達人の街だ。



にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

スポンサードリンク
次女でーす(*´ω`)

今日はみなさんも知っているロクシタンについてお話します。
女性の方、ロクシタン大好き!という方が多いんじゃありませんか?
私も身の回りのものは全部ロクシタンというほどマニアです。
ロクシタン好きは初めてパリに行った時くらいから始まりました。
現地で買うと、こんなに安いの?と驚き、爆買いして帰りました。
(円高の時は日本のほぼ半額で購入できた!)

日本で買ったり(福袋もお得です)、海外で買ったりして気が付くとこんなになってました(笑)
ドーン!
ロクシタン1

使いきれるのだろうか。消費期限てあるのかな?ま、いいか(;'∀')

さて、今回はパリに行かなくてもロクシタンが安く買える方法を紹介します。


それは、日本の免税店での購入です!

成田や羽田など、どの空港でもOKですよ♪
出国手続きを終わらせると、免税エリアが広がっていますよね。
そちらで購入します。
(注意したいのが、乗り継ぎ便で液体物がOKかどうかは国によりますので、
チェックしてからの購入をおすすめします。大抵は乗り継ぐことをお店の人に言うと、DUTYFREEの袋にパックしてもらい、現地に着くまで絶対に開けないようにすれば大丈夫な国が多いです。)

ただし、免税エリアって広いですし、迷っている間に時間がなくなってしまって焦りますよね。
それに、トイレに行ったり、ゲートを探したり、飲み物を買ったり忙しい!
そこで、おススメは「ネットの事前予約」です。
一例として挙げるのは「JAPAN DUTYFREE」です。
出国1か月前から予約できます。
予約したものを出国当日に店舗に行って、引き換えと支払いをします。

予約購入のメリットは、
①ゆっくり何が欲しいか考えられること
②時々、お得なキャンペーンで〇円以上買うとプレゼントがもらえることがある
 (あと、いくらでもらえるなかぁと落ち着いて考えられますよ♪)

それから、空港の免税店限定の商品がある場合があるので、チェックしてみてください!


さてさて、みなさんが一番気になっているのは、どのくらい安いのか?ですよね。
私が旅行の際にいつも買う2つの商品を紹介します。

①ファイブハーブズ リペアリング ヘアマスク 200ml
ロクシタンヘアクリーム

日本定価⇒4、536円(税込)
免税価格⇒3,600円
差額⇒936円

シャンプー、リンスの後に5分くらいパックして洗い流すと、髪の毛がしっとりなめらかで、
ハーブの香りが持続します。週2回、3回使ってます。

②ファイブハーブズ リペアリングオイル 100ml

ロクシタンオイル
日本定価⇒4、104円(税込)
免税価格⇒3,200円
差額⇒904円

洗髪後、タオルドライしてから髪になじませます。
乾かすと髪の毛のごわつきがなくなります。ハーブのいい香りに癒される(*´ω`)

このハーブシリーズは5年ほどリピートしていますよ♪
絶対おすすめ!!

差額は1,000円前後お安くなりますが、商品の元の値段によって割引率は異なるので、
ぜひ免税のサイトを検索してください。
特にセットものが安いですよ!重いですけど。

ただ、くれぐれも爆買いにはご注意ください。
だって、この免税品を持って、これから海外旅行するのですから…( *´艸`)


次回は、パリなどフランスの現地の都市で買った時の記事をアップします。
お楽しみに~(^^♪

♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

スポンサードリンク

父です。
今日は、5年半前のパリ旅行の時、初めてスリにあった体験談と、昨年の南フランスでのスリ未遂についてです。

【パリの地下鉄】

パリの地下鉄

まずは5年前の事件

【被害額】
被害は現金で1万円弱だが、すられたショックで、しばらく気落ちした。
楽しいはずのパリも2日~3日は、繰り返しその場面を思い出してしまった。

【経緯】
経緯はパリで夕方、相当な買い物をし、皆両手が塞がった状態で地下鉄に乗ろうとしたときだ。入線してきた電車に乗り込もうとすると、なにか邪魔する人がいて乗りにくかった。何とか押し合いながら乗った瞬間、私の左のポケットに手が入ってきたのを感じ、反射的にその手を払った。が次に、娘が「おかしい」と叫んだ。前に抱えていたバックのチャックが開いていたのだ。
周りの雰囲気は、私たちへの強い視線があり厭な感じが漂っていた。そのまま次の駅で降り、すぐに調べたらバッグの財布がなかった。同時に下車したサラリーマン風の男性が、「少女たちがスリをした」と言いに来てくれた。


【犯人・手口】

少なくとも4~5人以上の犯行者が想像される。


一人目:電車から降り、邪魔をしながらバッグのチャックを開ける役。(その上、同時に財布も盗ったか。)
邪魔をすることで、体を接触し、バッグのチャックを開けを気づきにくくする。また、乗り込もうとする私たちにドアが閉まらないうちに乗り込もうと焦らせ、バッグから気を遠ざける。


二人目:私のポケットを狙った少女。
まだ小学生くらい。これも犯人達の狙いだろうか。失敗しても、少女なので、警察に突き出す気がでない。せいぜい怒った顔をするくらいで済ませてしまう。まだ修行中かも。


三人目:チャックの開いたバッグから財布を抜き取る役。
気を付けて財布らしくない入れ物に現金を入れておいたけれど、よく現金が入ったものを瞬時に選択したと思う。


四人目:抜き取った財布をリレーする役。
万一、仕事がバレ、騒がれても証拠が見つからない。

その他数人:用心棒役
電車内の雰囲気で気が付いたことは、私たちを囲んでいること。用心棒的な男性もいたと思う。騒がれた場合の処理班と思われる。


【プロのスリ集団】
電車がホームに入線し、ドアが開いて、閉まるまでの一瞬に、バックのチャックを開け、中の財布を抜き取った。わざと電車に乗りにくくし、時間と人の接触の機会を作り、瞬時に抜き取り、盗品はすぐに仲間内にリレーし犯罪を隠す。同時多発の犯罪を犯すプロのスリ集団。


昨年の南仏での未遂事件


【被害額】

未遂につき被害なし。


【経緯】
南仏エクスアンプロヴァンス駅に到着し、ホームから改札出口までの途中に上り階段があった。重いスーツケースを必死で押し上げていた時、私の腰に何者かの手が触れ、瞬間、スリと気づきその手を払い除けた。腰ポシェットのチャックが開いていた。


【犯人・手口】

少女軍団(恐らく中学生から高校生くらい)。5~6人が大騒ぎで階段を上ってきて、最初の少女は不自然に微かに接触、2番目の少女が、ポシェットに手をかけた。
次に、3人目が同じような動きだが、気が付いた私の手がポシェットを押さえていた。やり過ごしてから、スーツケースを押し上げた。
何人かがグループを組み波状攻撃する手口。気を逸らすため集団で大騒ぎしながら近づく。パリに比べれば単純な手口。
このスリには、旅行前に外務省から発信された情報で、「ニースを中心とする少女のスリ集団が暗躍している」。この情報を知っていたので直ぐにスリと気が付いた。


もし、パスポートがスリにあったら。。。
パスポート、クレジットカードや多額の現金だったら結構大変。パスポートの場合は出国できないので、すべて予定をキャンセルして日本大使館に行かねばならないし、クレジットカードだったらすぐに連絡して、扱いをストップしなければならない。もう、すでに使われている危険もある。現金は戻ってくることは100%ない。
経済的な損失もさることながら、楽しいはずの旅行も台無だ。
最近はスマホも狙われているようだ。せっかくの思い出の写真も失うことになる。
実際に多くの方がパスポートやスマホを盗られている。
すられて(痛みを覚えて)から初めて気を付けるようになる。お互い気を付けましょう!!。。。



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

スポンサードリンク
父です。
2017年ベストフォト
昨年一年間に旅行で撮った写真の中から最も気に入ったベスト3を載せました。

【No.1】
ヴェネチア編_170826_0101 - コピー

この写真は昨年8月にイタリアのベネチアで撮った「サンマルコ寺院と満月」です。ホテル別館のプライベートテラスで家族と宅飲み中に偶然出会った風景です。
飲み始めの頃は、写真の月はまだ画面左に位置していたのですが、宴たけなわの頃に丁度、寺院と月が一体となりました。
この日はとても暑い日だったのですが、夕刻のテラスは一転して涼しく、何時間も白ワインを傾けていました。神秘的なサンマルコ寺院。いい写真が撮れました。

【No.2】
IMG_3076

No2は題名「パリのチェルリー公園で哀愁漂う私」です。別に哀愁があるわけでもないのですが、写真からの印象では、ちょっといい題名で採用しました。
これは、昨年8月にパリのホテルからギャラリーラファイエットへ行く途中のチェルリー公園でのもので、直前に雨が降り、水たまりと空の灰色が雰囲気を出しています。でもよく考えれば、18日間のイタリア・南フランス旅行の最終地だったから自然と哀愁がでたかもしれない。

【No.3】
IMG_2854

ニース編_170826_0046

カルカソンヌ編_170826_0347

No3は迷いました。選びきれず3点の掲載にしました。カルカソンヌの夕景、ニースのオブジェ、カルカソンヌの城壁です。どれも訪問した時のことが鮮明に蘇ります。
カルカソンヌの夕景、こんなシャッターチャンスはないでしょう。夕日と構図が抜群。ニースのオブジェはニース独特の青い空が印象的です。また、カルカソンヌの城壁は中世の風景そのもの。
良い写真がとれました。。。。



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

スポンサードリンク
こんばんは〜^^

昨日は一面の雪景色でしたね!
・・・そんな悠長なこと言っている場合ではなく、各地で大雪で私も会社から帰って来るとき、電車が動かず、とんでもない目に遭いましたよ・・・皆さん昨日は無事に家に帰れましたか?

さて、今日はイタリア旅行の時に知った大好きなブランドを紹介できたらと思います。
イタリアのブランド・・・といえば??

GUCCI??
PRADA??
MIU MIU??
FERRAGAMO??
BOTTEGA VENETA??

とハイブランドの名前が勢ぞろいしますが、ブランドって今やどこでも買えるし、イタリアにわざわざ行って買うのは関税ない分、少し安い?っていう理由くらいですよね〜
意外と日本のセールの時の方が安かったりして〜〜

って経験ありませんか?

あとは意外と皆んな持っているので、「グッチ持ってるよ〜」「財布はボッテガ」と言っても、
「そうなんだ〜」くらいの反応がないことが多い気がします。社会人になるとボーナスで結構買えるのでそんなに驚きはないですよね

これは私の旅行土産のポリシーなのですが、
海外旅行に行った時に買うものは、
①日本での調達が結構難しいもの(バイヤーや友達を介して手間のかかるもの)
② 現地発祥の比較的世界的流通はなく、これからのもの


を選ぶようにしています!!
これは人によっての価値観ですので、でもグッチ!!って人もいると思いますが、もしそこまでブランドに関するこだわりがないようならオススメです。

何がいいかというと以下だと考えてます。
①日本国内を見ても持ってるの自分だけくらい、の希少性
②「どこのブランド?」と聞かれた時にストーリーが話せて面白い
「実は旅行に行った時にこれこれしかじかで・・・」
③自分にとって特別な何かになる

特に③は大きいと思います。ありふれたものを買うのではなく、自分のオリジナルに近いものを買っていくのがすごく面白いです(購買意欲が高まり、止められなくなるのが難点笑笑)
満足度は高いと思います。あとは旅行を振り返った時に「あ〜そういえばこのバッグはあの時にこんなことがあって、こんな店員さんがいて、すごく面白かったな〜」ってな感じで何年経っても忘れないものです。


話が長くなりましたが、本題です!!
そんな基準で私たちがミラノで訪れたのが・・・・

「ZEANELLTO(ザネラート)」というバッグ専門のお店です。 
知ってる人います??イタリアファッションに興味がある人は知っているかもですが、 
あまり聞きなれないですよねちょうどミラノへ行った時に、ザネラートのフラッグショップがあったので足を運んでみました。
 DSC_0536DSC_0541
DSC_0544
ミラノ編_170826_0027

ちなみに場所はこちら!
51

これは前の記事に載せましたので詳しい説明は割愛しますね〜
興味ある方はこちらのリンクからどうぞ!
14:イタリア・南フランス旅行:ミラノ編8日目/18日間

今回は買ったお土産をもう少し詳しく!!
ザネラートのポスティーナモデルです!
たぶん全く同じ色は日本では流通がないと思います。
IMG_0152

なかなかない質感のバッグが気に入ってます!
割とフォーマルに見えますが、カジュアルスタイルにも結構合います^^
IMG_0153

収納力も抜群!!!
IMG_0154

こういう細部もかっこいい〜〜

IMG_0155
 
現地で買うとネームリングをもれなく、バッグの取っ手につけてくれますよ!
もう1つ買いましたよ!

ザネラートのニーナモデル!
 IMG_0156
これもすごく重宝するんだと姉が言ってました!
カジュアルにもフォーマルにもどちらでも使えますよね〜
こういうチェックはイタリアらしいと思ってます


ザネラートについて簡単にどういうファッションメーカーなのか紹介しときますね^^

<ザネラートについて>
1976年にイタリアのヴェネト州ヴィチェンツァに、レザーウェアを取り扱うサルトリア工房として創業をしているそうです。初代のミルコ・ザネラートさん!ブランドのアイコンともいうべき、ポスティーナは郵便屋さんが昔持っていた手紙などを配達時に入れておく袋をモチーフにしているようです。
じわじわと人気が出てきているところだと思います。

ちなみにポスティーナは男女両用、ニーナは女性用のようですよ!
他にもアダっていうブランドもあって密かに購入を検討してたりします 
日本直営店がわずか2つって・・・
買うならネットがいいかもしれませんね〜

旅行に行って、おいしいものを食べ、文化に触れて、お土産も自分だけの思い出深いものを買ってくださいね!以上、思い出に残るお土産のススメ!でした〜〜

 

♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ