母です。

午後6時50分、「ボンソワール!」と店に入ってきた白髪のおばあちゃん。私の隣に座りました。店主の奥さんが「マダム!」と呼び丁寧にあいさつし、グラスワインとサイコロ大のパンを一皿置いていきます。常連さんらしい。ゆっくりとワインを楽しみ、読書をします。その少し後、「ボンソワール!」とおじいさんやおばあさんが、ぞろぞろ入ってきます。夫婦も3組、仕事帰りのOL風の年配女性、そしてシングルのご老人が大勢です。驚いたと言ったら。ここは、老人クラブのカフェですか?

IMG_2350


ニースのレストラン
マナセ美術館の裏側、フランス通り。

IMG_2351
リーズナブルです。
IMG_1046
グラス1杯に1皿おつまみセット。ポテトチップスも。

みな、グラスワインかビール1杯だけ。ゆっくりと飲んで無言で、今日の日を惜しむように。80代くらいのよろよろ歩いていた婦人も居ました。なんて素晴らしい「文化」でしょう。少しおしゃれしてワインを飲みに出かけるなんて。知り合いもでき、「ボンソワール!」と抱き合って挨拶します。とても日本では見られない光景ですね。午後7時半すぎると、あっという間に帰ってしまいました。このお店の閉店も午後8時でした。
 この辺りのレストランは、7時開店が多く、6時ころ行くと「お飲み物だけでもいいですか?」と聞かれます。ちょっと飲みたかったらテラス席が気軽です。タバコを吸う人もテラス席です。ニースのプロムナード・デ・ザングレ通りは、ホテルのレストランが多いのでお高めです。バーガーショップもあるので、リーズナブルにするときはいいですよ。
 なんとなく海岸を見ながら歩いていると、いつの間にかプロムナード・デ・ザングレを過ぎていました。振り返ると青い海が広がっていて、よくこんなに遠くまで歩いたものです。(海岸沿いのベンチで一休みしながらですけど。)エタ=ユニ通りを歩いていました。気がつくと、サルヤ市場の入口にいました。

IMG_2197
サルヤ市場
IMG_1075

サルヤ市場
IMG_2342
このお店に入って、海鮮料理を食べました。

サレヤ市場
レストランやカフェが多いです。

日曜日は、市場はお休みでしたが、市場の周囲の店はにぎやかでした。どの通りをのぞいてもカフェがあります。グラスワインが、3~4€くらいでおつまみ的なものが1皿ついてきます。
IMG_1071
スピリッツは、5~7€です。ビールは、スモールなら3~4€です。
IMG_2201
サルヤ市場

サルヤ広場の行き方
この辺りにアーチの入口が。

IMG_2336
エタ=ユニ通りの左側にアーチの入口があります。右側は海岸です。

ホテルネグレスコに泊まってました。(娘のブログに詳しくあります。)閑散期で安く泊まったわけです。海が目の前で絶景です。初日は、ホテルに荷物を置いてわぁーわぁーとカメラとスマホで激写の連続。「お腹 すいたー。」昼食をどこで食べるか考えたら、海岸通は高そうです。「裏通りへ行こう。高級ホテルの裏側の通りなら安いでしょう。」裏通りは、洒落たレストランやカフェがなかったです。それならいっそプロムナードデザングレ通りを歩いちゃおう!ってことになりました。

DSC_0007
プロムナードデザングレ通り

歩いて歩いて、ネグレスコから通りの端まで歩き、エタ=ユニ通りのサルヤ市場の入口に入りました。途中に、プチトランの乗り場があり「お昼食べたらプチトランに乗って、旧市街をみようね。」 海を見ながらの1本道だから、何とか歩けます。美味しいものが、リーズナブルに食べられるサルヤ市場は最高!何度も来たい!
今度ニースに泊まるなら、トラム駅のあるマセナ広場かサルヤ市場のそばがいいな。



にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村