コンタル城から旧市街の眺め

イタリアから南フランス旅行12日目カルカソンヌ観光

カルカソンヌは中世の城塞都市。世界遺産のコンタル城、サン・ナゼール・バジリカ聖堂をはじめ、ミディ運河など数多くの観光スポットがある。今回はエクスプロヴァンスからの移動とカルカソンヌ旧市街の散策を中心にお届けします。

18日間に及ぶ家族旅行の目標設定は、「イタリアの古代遺産やルネサンス美術を堪能する」と南フランスで「癒しと地元の食事とワイン」であった。
「ルネサンス美術」は私の強い要望でフィレンツェを中心に北イタリア。南フランスは以前にも旅行して大変気に入った所で、「癒し」を求めるには最適なところだ。それに我が家は美食とワイン指向があり、それも重要課題である。あとは、格安航空券と日程の関係で、ローマ出発から最終パリが決定。
回る都市は、イタリアのローマ、フィレンツェ、ヴェネチア、ミラノと回り、南フランスのニース、エクスアンプロヴァンス、カルカソンヌ、ボルドー、パリと決めた。

しかし、カルカソンヌへ来て、目的以外にもう一つ大きなものを得た。世界遺産だけあって圧倒的な歴史の重み。そこに沈む、さまざまな人生の癒しや哀しみ。堅牢な城塞、カタリ派、十字軍、静謐な祈り、戦争、処刑。。。


カルカソンヌ編は、コンタル城の写真を多く掲載したいため、特別編として写真集を蛇足することにした。
あまり上手な写真ではないが勘弁。

【コンタル城の城壁からの眺め】
コンタル城からの眺め

エクスアンプロヴァンスからカルカソンヌへ

7:30起床 朝食は昨夜の宅飲みワインやつまみで、朝のサントビクトワール山を見ながら楽しんだ。
移動のための荷造り中、セイフティーボックスが開錠できなくなった。パスワードナンバーをうろ覚えだったからだ。あらゆる考えられる組み合わを行ったがダメ。ボックスの中にはパスポートやクレジットカードが。。。
どうにもならなく、フロントに電話。そうしたら、ほんの2~3分で係の人が来て、開錠してくれた。さすが5星ホテルの対応と皆、感動。

【エクスアンプロヴァンスのピゴネホテル】
ピゴネホテルテラス下

12:00 昼食 ホテルの野外バーで、ハンバーガー、タルタルステーキとワイン
昨晩食べたタルタルステーキが美味しくまた注文した。野外でのエクスアンプロバンスのきれいな風が気持ち良く最高。

【ピゴネホテルでの野外バー】
野外バー

【ハンバーガーとビール、清廉な風の中で】
昼食のビール

【タルタルステーキ】
タルタルステーキ

12:40 チェックアウトし、タクシーでエクスアンプロヴァンス駅へ。四人分の大型スーツケースは通常のタクシーでなかなか入らず座席に置くことが多かった。
エクスアンプロヴァンス駅はエレベータが故障かメンテかで動いてなく、重い荷物を階段で上げた。

13:42 エクスアンプロヴァンス駅発、TGV。やや遅れてマルセイユ駅へ向け出発。順調に行けば12分足らずだが、途中、何があったか分からないが、マルセユ駅到着が遅れ、次のカルカソンヌ行きの列車の乗り換え時間が5分しかない。当初より乗り換え時間が15分しかないのでやや心配していた。
重いスーツケースを押し全力で走った。

マルセイユ駅の櫛のようなホームの構造から、到着した列車の乗車位置が最後部だったので最前部まで行き、カルカソンヌ行き列車の番線まで行くという長い距離だった。体力はつけていたはずであったが途中までしか走れなかった。何とか全員乗れたが(次の列車の発車時間が少し遅らせたか?)体力は消耗しきった。
マルセイユ駅はどうも苦手だ。
2年前の旅行の時もマルセイユで乗り換えたが、この時は、治安が悪そうで怖かった。駅でトイレに行ったのだが、手洗いや便器、ドアなど壊されていたり、落書きがあったり。また、中にいた人もマッチョで刺青だらけ。何もなかったから被害妄想かも知れないが。。。
おまけに、乗った列車は汚い、壊れてるで、きれいな列車に慣れている日本人には多少ショックだ。

カルカソンヌ到着

【カルカソンヌ駅】
カルカソンヌ駅外観

カルカソンヌ駅構内

17:28 カルカソンヌ駅着、マルセイユから3時間20分だ。TGVは一等車で1人で€20。
エクスアンプロヴァンスからカルカソンヌは、そんなに距離も所用時間も多くはないが疲れた。

カルカソンヌ駅もエレベータがない。でもホテルは駅前で近くて良かった。

ホテル:オテル デュ ソレイユ ル テルミナス(Hotel du Soleil la Terminus)4星ホテル。一人一泊€53。
ファミリールーム(ツインサイズベッド)。

【ホテル:オテル デュ ソレイユ ル テルミナス】
テルミナスホテル外観

【歴史あるホテルらしい、フランス語で読めない】
テルミナスホテル案内

テルミナスホテル廊下

ホテルチェッイン後、市内をぶらぶら。シテへは明日ゆく予定。
世界遺産のミディ運河のクルーズを捜したが分からず。運行は日に3回らしい。時間が遅く終わったか?
ミディ運河は大西洋側と地中海側とを結んだ大運河で、1666年に工事が開始された国家プロジェクト。総延長360kmの水路と、閘門(ロック)など多数の構造物群。

19:00 夕食 近くのレストラン、ブラッスリー。パスタ(サーモン、ポロネーゼ)、サラダ、海鮮(カキ、エビ、ムール貝、蛤)

海鮮料理

生ガキ

クリームパスタ

サラダ

トマトベースパスタ

今日は昼食時にワインを飲み、マルセユで猛烈ダッシュ。疲れた。10時に就寝。
明日は、いよいよコンタル城へ。

次の記事はこちら
イタリア・南フランス旅行:カルカソンヌ編②13日目/18日間 


にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村