父です。
昨年に続き夏の北海道旅行をもう一度楽しもうとした矢先、豪雨による線路内土砂崩れによる特急列車の運休と宗谷地方北部の大地震発生とのダブルパンチでスケジュールは大混乱。

今回の旅行は、成田から新千歳空港に夜間到着、札幌へ移動し宿泊。翌日、札幌から宗谷特急で稚内へ。特急列車の4時間の旅(呑み鉄)を楽しもうと計画。北海道の銘酒「男山」を用意していた。
だが、事件は特急に乗車する早朝に発覚し前半のスケジュール変更に追い込まれた。
計画では、稚内での日本の最北端、緯度45度を体感し、翌日には礼文島へフェリー乗船。船旅を交えたバラエティー豊かなものだった。島内をトレッキンングで楽しみ、フェリーで再び稚内へ。
レンタカーを予約してあるので、ここからは自動車でのドライブの旅。オロロンラインで絶景の中を走り旭川、富良野へ。富良野ではグルメ堪能というものだった。

旅のはじまり

8月10日(水)16時に埼玉の自宅を出発、気温36度の蒸し暑い日で、真夏の海岸にいる感じだった。
この日は成田空港から新千歳空港、札幌市内に宿泊。フライトは東北地方の大雨の影響でかなり揺れは予想されていたが、それほどでもなく順調であった。第一日目は移動のみ。
出発の成田空港はまだコロナの影響で店もあまり開いてなく、営業していた食堂は17時にクローズだった。夕食は売店で買ったサンドイッチを食べるのが精々であった。

宗谷地方北部で大地震発生!!

トラブルは札幌に着いた日の翌朝である。
8月11日(木)朝、5時には何だかうまく睡眠がとれずに、少し頭痛を伴って起き、テレビをつけると、宗谷地方北部の大地震を伝えるニュース。この日の行動予定は札幌から宗谷本線、特急で稚内へ移動であった。地震のニュースは震度5強を伝え、道路の路肩が崩れている映像を流していた。稚内への導線のみならず、次の日程で礼文島観光後、稚内からレンタカーを借り、オロロンラインから中川町、音威子府(音威子府ラーメンの予定)からトロッコ王国、富良野へというコースであった。
この地震が稚内への移動に影響があるか不安がよぎった。起きた場所や地震の震度から重大な事件であることは肌で感じた。娘を起こし地震の発生のニュースを伝えると一斉にネット検索し情報を収集した。

宗谷本線が全面運休!!

宗谷本線が旭川、稚内間で運休していた。これは集中豪雨による線路内への土砂崩れで、明日を目標に復旧作業をしているということだった。
これから駅弁と冷えたビールを買って宗谷特急に乗ろうとした矢先だった。
礼文島や稚内へ飛行機による移動や、バスで稚内への移動も調べたがかなり困難だった。
少なくとも今日は稚内には行けない事実に直面した。明日、鉄道が復旧する保証はない。

さて、どうする?

今日、稚内に行けないと、稚内のホテルの予約、礼文島へのフェリーの往復予約、礼文島のホテル予約、稚内で借りるレンタカーの予約、これらがすべて影響を受ける。
結論は当面3日間の目的地の変更しかない。
予約キャンセルでキャンセル料金がかかっても致し方ない、それよりもこの3日間の宿泊などの予約をしないとホームレスだ。
いままでの旅行で、目的地に行けないというトラブルはなかったので混乱した。鉄道の運行状況を調べたら、宗谷本線は一日前から運休が発生していたので、確認ミスではあるが。。。
3日間のスケジュールは右往左往した結果、札幌にもう一泊、近い小樽に2泊し、小樽でレンタカーを借り、その後は本来のスケジュールに戻ることに決定した。

キャンセルと予約の嵐

一斉にホテル、フェリー、レンタカーのキャンセルを行った。ネットでの手続きでは、キャンセル理由の選択、自由記入欄があり、当然、「お客様の都合」の選択ではなく、突然の列車の運休、大地震の発生を記入した。(キャンセル2日後現在では、幸いにもキャンセル料金の請求は発生していない)
だが、問題はこれから。
札幌、小樽のホテルの予約はなんとか終えたが、レンタカーの予約が一切できない。
どんな検索をしてもレンタカーの空きがない。乗車地、降車地、乗車日、車種を何度変えても該当なしになってしまう。今年のお盆休暇はコロナによる制限がないため旅行客が多いためだろう。
小樽以降、レンタカーがないと後半もつぶれ、スケジュールが全滅だ。
後半の旅行地の変更も検討したが、今回の主目的が富良野であるため、なんとしてもレンタカーを探そうということになった。たとえ軽トラでも?
「乗車地、降車地は同一、大都市中心、車種のグレードは問わない」が最善かと思い、乗降日を変えつつ検索したが、検索結果ゼロ件。
うんざりしていると、突然、娘が「あった」と。
なんと、新千歳空港乗車、降車専用のレンタカー会社であった。3ナンバー車でグレードが少し高くなったがありがたい。
小樽の二泊後、新千歳空港へ行きレンタカーを借り、富良野へ向かうコースが完成した。降車は従前の計画通り新千歳空港。
これで、全体の計画はOK。良かった、良かった。

まぁ、こんなトラブルもあるのだろう。まったく予期できないものが。
今回は集中豪雨と大地震、自然災害系だから致し方ないか。一杯やれば笑い話だ。

(了)