母です。

 アビラからバスに揺られて一時間、窓から見る景色はのどかな平原 です。みどりの草原もあり、きれいでした。標高が1000mの高地を想像していたのに、なんとなく起伏のある平原が続いている感じです。平原の合間から突然町があらわれました。バスターミナルに到着です。
イサベルはこのような起伏のある平原を馬をとばしアビラまで駆け抜けたのでしょう。


 やって来ましたセコビアです。バスターミナルから見渡しても旧市街のような建物はありません。maps.meを頼りに歩くと、旧市街は傾斜のある階段を登った上にあることがわかりました。すごい高台にあります。タクシーでくねくね坂道を登り着くことができました。

メディーナ デ カンポ広場
IMG_1038

カテドラル
IMG_1059

マヨール広場
IMG_1060


 父親のカスティージョ王国の王ファン二世が亡くなりました。母親は二番目の妃でした。イサベル3歳のときに、母親はイサベルと弟アルフォンソを連れてアレバロ城に移ります。幼少期を過ごした場所です。母親が精神を病んでいたため、祖母に育てられました。
イサベル10歳のとき、兄エンリケ4世の命で弟アルフォンソとともにセコビア城に移されます。母親から引き離されたのです。17歳でアビラに逃げ、23歳で女王として載冠するまでセコビア城にいることになります。

セコビア城(アルカサル)
IMG_1084

セコビア城は、王室の財産を保管する大事な場所でした。兄エンリケ4世と和解してからも、イサベルはセコビア城にいました。1474年 王の訃報を聞き、12月13日早朝に23歳7か月でカスティーリャ・レオン王国の女王の載冠式を受けました。エンリケ4世はマドリードで亡くなりました。マドリードからセコビヤまで早馬で一日かかるので、一日遅れの載冠式になりました。

載冠式の様子。トレド大司教によってサン・ミゲル教会で行われました。
IMG_1070

当時のセコビアの中央広場は、サン・ミゲル教会だけで何もなかったようです。サン・ミゲル教会は地盤沈下などの影響で、マヨール広場の端に移設されています。拝観したかったのですが、am7時~7時30分迄しか拝観出来ないのであきらめました。(隣のビル1階がインフォメーションです。)

サン・ミゲル教会 マヨール広場にあります。
IMG_1043

3月というのにマヨール広場は、冷たい突風が吹き荒れています。ストールを被りポケットに手を入れて歩かないといられません。バルに入ってワインを飲んであったまりたい!イサベルの載冠式は、12月13日です。建物も何もない吹きさらしの広場でダウンコートもなく歩いて教会に行ったのですから。
さぞかし寒かったでしょうね。


マヨール広場からカテドラルの前の道を通って坂道を降りていくとアルカサルがあります。イサベルの幸せな結婚生活を垣間見たいと思っています。

IMG_1099

戦争で使われた武器ばかり。
IMG_1062

IMG_1063

IMG_1058

勇ましい武器ばかりでガッカリします。イサベルの痕跡はないの?キョロキョロと見渡している私は変なおばさんです。そうでなくてもコロナウイルスのことでアジア人を見る目があります。

カトリック両王の椅子と思われます。
IMG_1064

イサベル一世の肖像画
IMG_1065

フェルナンド二世の肖像画
IMG_1066

イサベルのベッドと思われます。
IMG_1074

感激です。イサベルの結婚生活がどうだったかは分かりませんが、この城に住んでいたことが分かりました。やがて城は火災で焼失し再建されますが。
イサベルの結婚はドラマチックで苦難の連続です。アラゴンの皇太子フェルナンド二世と結婚します。
一歳年下のイケメン男子で女子にモテモテでした。イサベルも夢中になります。ジェラシーの絶えない結婚生活が待っています。


この当時の高貴な人は、政略結婚が当たり前でした。兄エンリケの思うがままに、イギリスやフランスやポルトガルの王位継承者に嫁がせようとしていました。ここでまた決断の時をむかえます。イサベルは、また従兄のアラゴン皇太子フェルナンド二世と結婚したいと決めました。


フェルナンド二世は、隊商に変装してイサベルに会いにきます。兄エンリケから逃げ1468年トレド大司教により、バリャドリードで結婚式をあげます。1470年長女イサベルを出産します。
幸せな結婚生活が始まりました。苦難続きのイサベルに幸せになってほしいと思います。

セコビア城(アルカサル)から見る景色
IMG_1056

IMG_1055

午後になりアルカサルを出ると、突風がますます激しくなってきました。あれ!見上げるとヒョウのような雪のようなものがちらちら降ってきます。見学を終えた生徒たちが飛び上がって喜びました。
寒いところが苦手な私は、早くバルに入ってあったまりたいです!



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村