2019年8月20日(火)
1€=118円
エクス・アン・プロヴァンスの気温:最高27度、最低17度
本日の歩数:16,828

長女です。

今日はエクス・アン・プロヴァンスからバスでマルセイユにショートトリップしてきます(*^-^*)
エクス・アン・プロヴァンスは長距離バスが発達しているので、気軽に周辺の街へ行くことが出来ます。

マルセイユまで片道6€。30分くらいで着きました。
サン・シャルル駅に到着。
港を目指して歩きます(^^♪

マルセイユの街はアラブ系の人達が多い印象です。
午前中に歩いているせいか、治安の悪さは感じませんでした。

凱旋門を発見しました。パリの凱旋門より立派!
IMG_0626

今日は良いお天気で、太陽の日差しが暑いです(>_<) 後ろに凱旋門が見える!
IMG_0628

だいぶ歩いて、ついに港に到着!
IMG_0629

磯の香りがします。海だー!マルセイユの海!
IMG_0630

人だかりをのぞくと、釣った魚を売ってました
IMG_0632

IMG_0635

IMG_0636

それにしても暑いな・・・頭がくらくらしてきた・・・
熱中症かな?と思いレストランで休憩することにしました。
座っていると、徐々に吐き気がして・・・嘔吐してしまいました。
レストランの人にバケツと氷をもらい、横になり、何度も吐き・・・最悪な事態になりました(;´Д`)

今日は、魚介をたくさん食べようと思いマルセイユに来ましたが、私が熱中症になり、急遽ホテルへ帰ることになってしまいました(;´・ω・)
私を介抱してくれたせいで、魚介も食べずに帰ることになってしまいました。父と妹に申し訳なかったです。
(ノД`)・゜・。妹の好きなフィッシュスープも食べられず・・・!!

熱中症になってしまった原因は、帽子をかぶっていなかったこと、長時間歩きまわったこと、今までの旅の疲れが出たこと、様々な要因が考えられます。
旅を良い思い出にするには、自分の体調管理をしっかりすることが大事なんだと、改めて思いました。

マルセイユの漁港からサン・シャルル駅までタクシーで行き、バスに乗ってエクスのホテルまで無事に戻ってくることが出来ました。
私はこのままホテルのベッドで寝ていましたが、父と妹はエクス観光へ行ってきたようなので、これからのブログは父にバトンタッチします( `ー´)ノ

バトンタッチ

父です。
そんなわけで急遽ホテルに戻ってきました。ホテルは冷房がしっかりしているので、一安心です。
小一時間で、長女も回復してきたので次女と、セザンヌのアトリエ見学、兼昼食にでかけました。

往きは14時で暑く、ホテルからタクシーで行きました。(18€)

<セザンヌのアトリエ 入口の標識>
IMG_0649

<この二階がアトリエ>
IMG_0652

ところが、入場できませんでした。着いたのは14時過ぎなのですが、入場は16時でないとできないとのことでした。下の案内板(撮影はレ・ローヴの丘に行った後)にある通り満席です。他のグループも同じような感じで入場できませんでした。アトリエ内は狭いので、人数制限せざる得ません。残念です。
(個人の場合は予約不要)

<入場時間案内板>
IMG_0651


しかたがないので、レ・ローヴ Les Lauvesの丘に向かいました。
結構、急な坂道です。アトリエから真っすぐ北へ登ると、右側にセザンヌの名前の老人ホームが見えます。
その向かいが入口です。

<入口の表示>
IMG_0646

<さらに登る> ローブの道を登ると高台に着きます。
IMG_0647

<丘の上> 敷地内には、10点の複製パネルがあります。
IMG_0642

<丘の上から望むサントビクトワール山>
IMG_0644

丘の上に着くと涼しい風が癒してくれます。サントビクトワール山が見事な姿です。
実際、セザンヌがかつてこの場所で、11点の油絵と17点の水彩画を描いています。「ここが描いていた場所かー!」と、しばし見渡すと考え深いものがあります。

帰りはまっすぐ下るとサン・ソヴィール大聖堂に出て、さらに進むとミラボー通りに出ます。

今日は、娘が熱中症になり、セザンヌのアトリエにも入れず、厄日だな。
まっ、良いこともあれば、悪いこともあります。
一杯飲んで寝よう。


♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村