金融都市フランクフルトへやってきました
IMG_7838

父です。フランクフルトへ来ました。
イギリスのEU離脱、アメリカ・中国の経済戦争問題は、さて置きユーロを統括する欧州中央銀行がある街です。
人口73.2万人。ドイツ5番目の都市。正式名称フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main)です。
ゲーテ(ヴォルフガング・フォン・ゲーテ。1749年8月28日生まれ)生誕地としても有名です。

と言うよりも、フランクフルトソーセージをつまみに、本場のビールをあおりたい街です。

第一印象は涼しい!!(8月8日の最高気温が26度、<日本では連日35度から37度。> 夜は寒いくらいの気温です。.)また整然として綺麗な街でした。
IMG_7802
フランクフルト中央駅
IMG_7837
横断歩道のボタンはタッチ式

ホテル移動
昨晩、フランクフルト・マイン国際空港(ヨーロッパ屈指の大空港)に到着、空港直結の「ヒルトン・ガーデン・イン・フランクフルト・エアポート」に宿泊しました。夜が遅い場合、空港直結は有難いです。
時差調整もあり今日は、8時半まで爆睡。やおら起きて軽めの朝食。荷物整理などしながら12時チェックアウト。ゆっくり体を休めることができました。
ホテル下の空港駅から、フランクフルト中央駅へ。3駅11分、€4.65。切符は自販機で購入(英語表記あり)、駅は改札をスルーします。
切符を機械に通すことなくずっとポケットの中でした。
車両の扉は停車後ボタンにタッチすること。自動ではありません。
IMG_7800
切符の販売機

チェックイン
中央駅前のマンハッタン ホテル(Manhattan Hotel)にチェックイン。フロント横に設置してあるハーブ入りの冷水がおいしい。3人とも2杯ずつ飲みました。

IMG_0456
入口です。
IMG_0455
ハーブ入りの冷水 おいしそうです。

遅い昼食へ
14時、行動開始。レーマー広場から、旧市庁舎をみて、大聖堂へ。そして遅い昼食に、事前調査したレストランというコース。
 
 
 駅前のマンハッタンホテルの近くに、地下鉄のUバーン フランクフルト中央駅があります。2駅目のレーマーで降りると、レーマー広場や大聖堂の散策に便利です。しかし歩けない距離でもなさそうなので、散歩がてら歩きました。
街は観光客が多く賑わっています。空は青く澄み、風は爽やか。レーマー広場は子供達で一杯。途中の屋台でワインやソーセージなど楽しんでいる人が沢山います。一転、大聖堂近くになると静かな街並みになり、大聖堂の茶色い尖塔が浮きだってきます。
IMG_7834
旧市庁舎レーマー

14時過ぎだったので、先にレストランへ、帰りに大聖堂と屋台をのぞくことにしました。
レストランはテレビ番組でみて、ぜひ行ってみようと決めたところ。大聖堂の横のパウラナーPaulaner Domplatz 6, 60311 Frankfurt, Hesse, Germany)です。
注文したのは、テレビ番組で見たもの(下の写真)ボリューム最高。
肉の塊は、アイスバイン。表面の皮がカリカリ、中はジューシー。骨の周り肉だから更に旨い。ヴァイスヴルスト(Weißwurst)白ソーセージは、皮をむいてはちみつ入りのマスタードをのせて食べるのがうまい。他のソーセージ、シュニッツェル(Schnitzel)、ザワークラフト、ジャガイモなどなど、盛りだくさん。3人前は多いと思いましたが、このボリュームを楽しみたくて注文しました。
飲み物は、ビール、白ワイン、レモネード。
相当頑張ったが食べきれない。
1時間半近くゆっくり食べ、リラックスしました。
IMG_7814
レストラン バウラナーアムドーム 40種類以上のビールあり。

IMG_7820
「オクトーバーフェストプレート」 3人前 54,3€ 祭りで出される名物料理の盛り合わせ
ボリューム満点!
IMG_肉
アイスバイン 豚の腰のところ カリカリで、 コラーゲンたっぷり
大聖堂は、13~15世紀バロック様式で大聖堂の塔は95m。入場無料(塔は3€)
中央祭壇ホーホ・アルターは、キリストの受難を表現している。
静寂、厳かな時間が流れている。ドイツらしいというか厳格な感じが強い。
IMG_0464

IMG_7830

IMG_7826

ホテルへの帰り道、屋台でブラックチェリーを500グラム購入。スーパーで水とワイン、ビール、ソーセージを購入。チェリーは500gで4.7€ 安い!桃は0.7€ 2つとも美味しかった。
IMG_7793
IMG_7794
ハリボーの種類が豊富 ハリボーはドイツのお菓子 安い!
IMG_7839

夕寝してから宅飲みの計画。
では、これから風呂に入り、ワインが入るので、今日はこれまで。おやすみなさい。


♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村