8月19日

 ゴンドラに乗って、フィルスト展望台に行きます。今日も晴れです。ヴェッターホルンは、お天気山
と呼ばれています。この山に雲がかかったかどうかで、天気を占います。雲がほとんどないから晴れでしょう!ラッキー!

ホテルの窓から見たヴェッターホルン 
IMG_4076


 谷の奥に向かって歩きます。と言っても、ホテルから400mくらいでゴンドラの入口です。なんだ近い。歩道がカーブし、少し坂道になっています。車椅子を押す手に力が入ります。

ホテル アルテ・ポスト ゴンドラ乗場はこの横から。
IMG_5554


フィリスト展望台入口

 フィルストのゴンドラ乗場へ行くには、かなりの坂道です。娘が途中まで車椅子を押しましたが、息が切れ、姪に代わりました。150mくらいの坂道ですが、傾斜がありかなりきびしいです。フィルストの駅で、乗車券を購入しホットしました。ところが、車椅子専用の入口は外に出てさらに上へ。なるほどバリアフリーで、乗場まで車椅子を押して行けます。坂道がつらいけどね。
係りの人が往復か片道か聞いた後、どこの駅で降りるか聞きました。「フィルスト」と答えると、繰り返して「フィルストですね。」と言いました。この時に終点の駅に連絡していました。

ゴンドラ乗場
IMG_5557

いったん止めます。
IMG_5559

木の板を取り付け、車椅子を押して乗せてくれます。
IMG_5560

ゴンドラに乗ってます。
IMG_5571

グリンデルワルトの村が下に。
IMG_5567


 ゴンドラは快適です。ボルト、シュレックフェルト、フィルストと3駅です。高所恐怖症気味の私でも、まわりの景色を楽しみました。フィルスト駅に着くと、係りの人が待っていて車椅子を降ろしてくれました。ゴンドラの駅から出ると、まわりは山ばかりです。でもアイガーが見えない。レストランのある展望台に行かないと見えないのかもしれません。

フィルスト駅から出てすぐ。牛がいっぱいいます。
IMG_5599


 この道をまっすぐ登ればバッハアルプゼーです。丘の左に曲がればクリフトウォークです。ここまで来たらアイガーをまじかに見たい。フィルスト駅の切符売り場のおじさんに聞きました。「車椅子で
展望台に行きたいのですが、教えて下さい。」 おじさんは大きくバッテンをして、「ここからは、行けないよ。クリフトウォークに行けば。」と言いました。
 あの高くて細い橋に車椅子が通れるかしらと誰もが思いました。娘と姪が下調べに行きました。
結果、車椅子が橋を塞いでしまうので周りの人に迷惑をかけること。2人しか通れない吊橋もあること。車椅子の重みで、かなり揺れることが予想されます。ガッカリです。
 こんなに大きなレストランや展望台があるのに、エレベーターがないなんて不思議なくらいです。エレベーターがあれば、パーフェクトに展望台までバリアフリーです。
 階段を10段くらい上れれば展望台に行けそうです。切符売り場の横のスロープを通って階段下まで行きました。姉は根性で上りました。上った所に車椅子専用トイレがあったのが印象的でした。

わーい!展望台だ。演奏もしてる。
IMG_4010

レストランで注文して、テラス席で飲んだり食べたり。
IMG_4012

アイガーも見える。
IMG_4009

クリフトウォーク 展望台のテラス席で。
IMG_4008


 そう言えば、クリフトウォークを一人車椅子で上って来た女性がいました。おじさんが、すすめた理由が分かりました。しかし途中に岩が突き出た場所があり、カーブしていて一人どうにか通れる幅でした。車椅子を押して、ここは無理かなと思います。小さめの車椅子なら突破できるかもしれません。

車椅子を押すのは 無理?
IMG_5595

 フィルストの展望台に行くには、階段を10段くらい自力で上れることが条件です。小さめの車椅子でクリフトウォークを上ることもできそうです。

アイガー
IMG_3996

シュレックホルンと氷河
IMG_3997

 ヴェッターホルン、シュレックホルン、アイガー、メンヒなど4000m級の山々が眺められます。
私と娘は、バッハアルプゼーをハイキングしました。2時間で展望台に帰って来る約束でした。しかし
姉と姪を4時間半も待たせてしまいました。このハイキングの様子は、娘のブログで紹介します。
17,855歩の涙ぐましいハイキングの記録です。




♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村