個人旅行大好き!村山さんちの家族旅行記!

ツアーを予約して、集団でゾロゾロ海外で観光。帰国して、思い出すことはなんですか? そういえば、何したっけ? そんな経験ありませんか? そうです。添乗員に着いていくのはラクですが、そんなに覚えてないことが多いんです。さらに、 そこは興味ないんだけど^^; ってことないですか? どうせなら、自分が本当に興味あるとこだけ、訪れたいですよね!? そんな方に読んで欲しい、完全個人手配の旅行記です!

2019年8月18日(日)
1€=117円
エクス・アン・プロヴァンスの気温:最高30度、最低17度
本日の歩数:14,227

長女です。

今日は日曜日なので、アムステルダムのトラムは7時半頃からでないと運行していないみたいです。
仕方なく、ホテル近くの鉄道からアムステルダム中央駅まで行くことにしました。

アムステルダム中央駅からスキポール空港までは、鉄道で15分くらい(1人5,5€)です。
7:25発の鉄道に乗り、1駅目です。
IMG_0600

スキポール空港の出国審査はけっこう厳しいです!
ほとんどの人が荷物審査に引っかかってました(;´Д`)
ちなみに、私も👇これで引っかかりました笑
任天堂DSはぐれメタルエディション!キラキラしてるからかな(笑)
IMG_0620

2時間くらいのフライトで無事に、マルセイユ空港に着き、シャトルバスでエクスアンプロヴァンスに向かいます!
バス乗り場は、ターミナル1とターミナル2の間にあります。
バスがたくさん止まっているので、すぐに分かります。
エクス行きのバスはこれです👇 分かりやすいですよ。
IMG_0602
料金表です。
料金は直接バスの運転手に支払います。
IMG_0603

バスの止まる順番は

マルセイユ空港

Aix-Gare TGV駅 マルセイユ空港から15分くらい
   ↓
Pole d'activites
   ↓
Plan d'Aillane
   ↓
Aix-en-Provence 

マルセイユ空港から30分くらい(エクス市内に行くには、ここで降りてください)

私達はエクス市内まで乗ったので1人10€でした。

ホテルにチェックインし、エクスの市内でお昼を食べました。
プロヴァンスに来たーって感じがします!
IMG_0617

ハンバーガープレートにしました。21€
噴水の前の立地なので、高い!ちなみにワインボトルは、19€。
IMG_0613

IMG_0615

IMG_0616

午後はまったりしてました。
エクスは天気が良くて、暑い!日中はカフェでのんびりした方が良い感じです。

ホテルに帰ると嬉しいサプライズがありました!
誕生日が近かったので、ロゼワインとケーキが部屋に置かれてました!
ルネサンスホテル、素敵すぎ(≧▽≦)
IMG_0618
手紙もありました♪
IMG_0619

今日はロゼワインで乾杯だ!
おやすみなさい。



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年8月

南仏プロヴァンスのホテルは、最近、新しくできた★5ホテルに泊まります♪

このホテルは、街の中心部から少し離れている(徒歩15分くらい)ので、ホテルでゆったりしたい人向けです。



ホテルの部屋 広い!ベッド大きい!涼しい(^^♪
IMG_0605
IMG_0606

水回り バスタブが大きくて嬉しい!
IMG_0607

IMG_0608

IMG_0609

アメニティは「TOKYO MILK」フランスのブランドなのかな?香りがすごくいい!
IMG_0610

コーヒーメーカー、電気ポッドなど
IMG_0604

冷蔵庫が空なので、たすかるー(^^♪
IMG_0611

ルネッサンス エクスアンプロヴァンス ホテル

ファミリールーム 1泊23,484円(1人7,828円)

ホテルに入った瞬間に、いい香りがして癒されます。
部屋のクーラーがよくきいて涼しい♪


♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

<フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」>
IMG_0490

2019年8月17日(土)
換算レート 1€=117円

デン・ハーグの今日の気温:最高 22度。最低 16度
本日の歩数:9,935

父です。
今日の日程は、アムステルダムから列車で小一時間のデン・ハーグに行き、マウリッツハウス王立美術館、エッシャー美術館を鑑賞。その後スフェベニンゲン(日本での俗称:スケベニンゲン)で海産を頂こうと大変結構な計画。

連日の疲れで美術館はかなりキツイが、レンブラント、フェルメール、エッシャーを直に観られることを考えれば頑張るしかない。それと、スフェベニンゲンでの海産物(特に生ガキの磯の香りが今からしてくる)とワインが元気づける。

アムステルダムからデン・ハーグへ

<近代的なデン・ハーグ駅舎>
IMG_8490

アムステルダム中央駅から一時間弱でデン・ハーグ中央駅へ到着。列車の表示はしっかり出ているので迷うことはないと思う。ただ、券売機は紙幣が使えないので、コインを少しストックしておいた方が良い。
今朝のアムステルダムでは、雨が降り寒かったが、デン・ハーグでは雨もあがり、気温も上昇したようだ。

マウリッツハウス王立美術館

IMG_0487

デン・ハーグ中央駅から歩いて10~15分くらいの所にある。
T、15、16 Buitenhof 二つ目下車

1822年に王立美術館として開館。アムステルダム国立博物館と並びオランダを代表する美術館。
17世紀建造の美しい建物内にフランドル絵画の名作が揃う。日本でも有名なフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」や「デルフトの眺望」、レンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」などオランダの至宝の数々を鑑賞できる。
公式ホームページ:http://www.mauritshuis.nl 入場料(15.5€)

<館内>
IMG_0492

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の前でも、人がいないので、ゆっくり鑑賞できる。

<館内>
IMG_0514


レンブラント、フェルメール、シャルダンなどの世界の至宝

IMG_0493

IMG_0499

 IMG_0491

IMG_0504

エッシャー美術館

デン・ハーグ中央駅から500メートルくらい。
T,15、16 Korte Voorhout 一つ目下車。

<エッシャー美術館 外観>
IMG_0526

だまし絵で世界的に有名なオランダのグラフィック・アーティスト、M.C.エッシャー。
公式サイト:http://www.escherinhetpaleis.nl/ (入場料10€)

作品の数々

いままで知っている作品が次々と現れるのでビックリ。一つ一つ絵解きするのが楽しい。

IMG_0527

IMG_0538

IMG_0545

スフェーベニンゲンへ

と思ったら、全員疲労困憊。明日はホテルを6時に出てフランスのエクスアンプロヴァンスに向かうため、中止とした。疲れた、早くホテルに帰ってワインを飲み干したい。

今日は尻切れトンボになってしまったが、まだ旅路は折り返し点。無理して後半にダメージを残さないことにした。いま、ワインをなみなみついで、飲み干してからゆっくり夢の中に行きます。

♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年8月

このホテルは、アムステルダム鉄道駅からもトラム駅からも近く、便利です(*^-^*)

併設されているレストラン「enoteca」もオシャレで美味しいイタリアンレストランです。


ホテルの外観
IMG_0597

IMG_0598

はではでなホテルの廊下
IMG_0599

部屋。広い! ベッドもふかふか(^^♪
IMG_0587

水回り
IMG_0590

IMG_0591

コーヒーメーカーもあります。
IMG_0588

電気ポッドもついてる!
IMG_0589

朝食は、好きな物をとってもOK
IMG_0592

IMG_0593

IMG_0594

下のメニューから注文してもOKです。エッグベネディクト美味しいですよ♪
IMG_0595

ベジタブルオムレツ
IMG_8350

エッグベネディクト
IMG_8352

パンケーキ
IMG_8353


スーベリア トリプルルーム(朝食付)  1泊3人分 25,934円(1人 8,644円)

アムステルダムのホテルは、中心部で★3レベルでも1万越えしてしまうので、中心から少し離れているけど、このホテルは超おすすめ!




♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

<アムステルダム国立美術館
IMG_0396

2019年8月16日(金)
換算レート 1€=117円
アムステルダムの今日の気温:最高 22度、最低 16度
本日の歩数:16,104

父です。
曇っていますが、暑くもなく寒くもなく良いコンディションです。
今日の日程は午前中にアムステルダム国立美術館、夜にコンセルトヘボウの音楽会です。
昼食には、日本の観光関連で紹介されている、パンケーキを食べに行く予定です。

朝食、豊富な料理

朝食はホテルにセットされているので、とても便利です。
内容もブッフェ式で、豊富な料理が提供さていますので、好みのものを選ぶ他、スペシャルメニューも選択できます。以下の写真は今日選択したものです。

<エッグベネディクト>
IMG_8352

<トマトなどの野菜入りオムレツ>
IMG_8350

アムステルダム国立美術館

この美術館は、17世紀オランダ絵画が充実している。 レンブラントの『青年期の自画像』『夜警』、 
ヨハネス・フェルメール『牛乳を注ぐ女』『手紙を読む青衣の女』「デルフトの小道』、『恋文』などの人気作品のほか名品がぎっしり詰まっている。(要予約€20:英文表記あり)
なお、マルチメディアツアー(音声ガイドは€5)は日本語があります。

詳しくは、アムステルダム国立美術館の公式HPをご覧ください。
https://www.rijksmuseum.nl/jp/general-information-japanese

残念ながら、レンブラントの『夜警』は作業中(スキャンしていました)で鑑賞できませんでした。

<レンブラント『夜警』>
IMG_0402

今年、日本にも来ました、フェルメール『牛乳を注ぐ女』です。日本では人の頭しか見えませんでしたが、ここでは、真近で鑑賞することができました。

<フェルメール『牛乳を注ぐ女』>
IMG_0407

昼食(Pancakes Amsterdam)

<店舗外観>
IMG_8477

<各種パンケーキ>
IMG_8476

ハム&チーズ、リンゴとベーコン、リンゴとホイップクリームの三種。イングリッシュティー3杯を含め€41でした。結構な人気店の上、店内は狭く「待ち」を覚悟して行ってみてください。
美味しかった!!(アルコールはありません、残念)

<コンセルトヘボウでの音楽会

ロイヤル・アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が本拠地とするコンサートホール。
ベルリンフィル、ウイーンフィルトと並ぶヨーロッパ屈指の楽団。内部はすべて木造で音の響きに定評があります。

<コンサートヘボウ外観>
IMG_0464

コンサートは20時開演です。昼食後は10日間の疲れでホテルにて昼寝タイム。ゆっくりしてから、一応かしこまった服装に着替えコンセルトヘボウへ。(要予約:€45/人)
開演前、無料でドリンクサービスがありました。(私はもちろんハイネケン、娘たちはカプチーノ。

<会場風景>
IMG_0465


今回の楽団はイスラエルユースの皆さん、演奏曲目は、イスラエルの民族曲を含め、チャイコフスキーのロミオとジュリエット、カルメンから有名曲6曲、ワーグナーのトリスタンとイゾルデ序曲など。
幕間にもドリンクサービスがあり、白ワインを頂きました。

<民族音楽演奏後の拍手喝采の中>

IMG_0476

今回の企画のイスラエル民族音楽は、ほとんど聴く機会がないため貴重な体験でした。
鐘の音に続き、静かな祈るような旋律が続いていくと、徐々に展開し頂点に達してゆく。中東の雰囲気、神秘性を十分に堪能できました。

帰宅が23時過ぎになりましたが、今宵は中東に夢を馳せてみよう。

♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ