個人旅行大好き!村山さんちの家族旅行記!

ツアーを予約して、集団でゾロゾロ海外で観光。帰国して、思い出すことはなんですか? そういえば、何したっけ? そんな経験ありませんか? そうです。添乗員に着いていくのはラクですが、そんなに覚えてないことが多いんです。さらに、 そこは興味ないんだけど^^; ってことないですか? どうせなら、自分が本当に興味あるとこだけ、訪れたいですよね!? そんな方に読んで欲しい、完全個人手配の旅行記です!

 8月17日

ルツェルン駅

 ルツェルンへ移動します。チューリッヒ空港から直通列車が、一時間弱ごとに出ているので安心です。48分で着きます。急ぐ旅ではなし。カフェに入り珈琲をゆっくり飲むのが、旅の醍醐味です。
 列車は、快適です。車椅子のマークのある車両を見つけて乗ります。数両に1両の割合であるので、見つけやすいです。乗降口はフラットです。さすがスイスの列車ですね。車椅子のマークだけでなく、自転車のマークもあります。

車椅子のマーク
IMG_3951


車椅子も置けます。
IMG_4569

 入口のすぐそばのスペースや、自動ドアで入ったところに車椅子専用シートがあります。とにかく近くて便利なところにあるわけです。
列車の中で車椅子をたたむのに、もたもたしていても文句を言われるどころか気遣ってくれます。スイスの皆さんの国民性はもちろんのこと、観光客の方々の思いやりが自然に行動に出るからだと思います。まわりの皆さんのおかげでルツェルンに着くことができました。
 駅の横の大通りを見るとホテルがありました。ずいぶん近いのね。ホテルはなるべく駅のそばを選びました。ステキなホテルでしょう。

ホテル  ヴァルドスタッターホフ
IMG_5318

夜にホテルの窓から グレーの建物が駅
IMG_3878


  ホテルに荷物を預けて、早速ですが観光します。ルツェルン中央駅の前は、ロイス川が流れカペル橋も見えます。駅の周囲の歩行者道路は、コンクリートの舗装道路なので車椅子もスイスイ走ります。
車道と歩行者道路の境目が少し段差があるので注意が必要です。


ローゼンガルト博物館

 ホテルの近くにある、 ローゼンガルト博物館に行きました。2階にはピカソの作品が多数あります。以前は旧市街にピカソ博物館としてありました。初めて見る作品ばかりです。ピカソの写真もありました。セザンヌやミロ、モネ、マチス、シャガールなどこれもまた初めて見る作品でした。作家の数も作品も多いです。散歩のついでにちょこっと観ようなんて思うと、時間が足りません。
エレベーターがあるので、車椅子でらくらく行けますよ。受付のおばさんがフレンドリーです。

ローゼンガルト博物館
IMG_3781


 博物館の横をぬけると、カペル橋にぶつかります。ルツェルンのシンボルと言われるだけあり、素晴らしい景色です。道路から、川沿いが高くなっているので、よいしょと車椅子を押して登ってください。インスタ映えする景色に、あちこちでシャッターを押しています。

カペル橋
IMG_5327


 せっかくだから橋を渡りましょう。でも階段をのぼらないと渡れません。姉は6~7段の階段を手すりにつかまりながら登りました。なだらかな階段で手すりが両側に付いていますので気を付けて登れば大丈夫です。

カペル橋を渡る
IMG_3814


 橋の中から見る景色もいいですよ。車椅子だと見えにくいので、止まっては景色を見てもらいました。床が木の感触でいい感じです。橋を渡り終えると、また階段で降りなければなりません。手すりにつかまり、杖をついて降りられました。
 川の向こうは、旧市街です。今までの道路と違い、石畳の道路に変わります。ロイス川に沿って両側にレストランやカフェが続きます。

ロイス川に沿って歩く
IMG_5408


 昼食は「旧市庁舎1階ビアホール」ラットハウスビール醸造所です。川沿いにあるので、すぐわかります。

ラットハウスビール

IMG_5407


IMG_3836


 テラス席で食事をしました。ランチタイムでビールの種類が少なく、ライトビールだけでヘビーはありませんでした。残念。

ジェラート屋 ビール醸造所の並びにある。
IMG_3840


 ジェラートも、おいしくいただきました。旧市街でおみやげを探して、カペル広場辺りをウロウロ。
川沿いより坂道が多いので、車椅子を押す人はキビシイです。石畳がガタガタして、乗る人も押す人も
疲れます。

噴水が多いです。
IMG_3855

スイスしか売っていないチョコレート屋さん。
IMG_3852


チョコレートショップ

おいしいです。旅のお供にしました。
IMG_5427


 一日中、良く歩きました。ほとんどの所が、車椅子でまわれます。まだまだ観光名所はありますが、無理をしないことです。帰りは、ゼー橋を渡り帰路に着きました。ゼー橋からのカペル橋が見事です。


ゼー橋からの夜景
IMG_5451

 
 


♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 8月16日

 チューリッヒ国際空港着 17時30分。
空港に着くと乗務員が来て、全員が降りるまで待っていてほしいと伝えてきました。預けておいた、車椅子を用意するとのこと。最後の乗客として出口に向かうと、姉の車椅子がありました。
 乗務員に車椅子を押してもらい、入国手続きを済ませました。新しい交通手段のスカイメトロに乗って2分でバゲジのターン・テーブルのあるところに着きました。

スカイメトロ
IMG_3740


 偶然でしたが、飛行機の乗務員の皆さんとご一緒させてもらいました。このスカイメトロの最後の方の壁にアルプスの少女ハイジやマッターホルンが音楽とともに現れます。「わぁー!」と小さな歓声がおこります。気が付かない人が多いかもしれません。楽しい‼
 バゲジのターン・テーブルのとろまでくると、陽気な乗務員さんが笑いだしました。ターン・テーブルの上に、仔犬が上って走るエクササイズをしているのです。みんなで大笑いをしました。仔犬はつまみ出されましたが。乗務員さんのサポートもこの場所までです。
 荷物を引き取り、外に出ると暑い!スイスは暑い!成田から半袖できましたが、半袖でちょうどよい
気温です。27度くらいあったのでしょうか。だけどムシムシしてないですね。日差しが強く、カラッとしてます。
ホテルのシャトルバスがいました。バスと言うより黒いリムジンです。車体が少し高く、足の不自由な人には乗りにくい車です。乗車口のポールにつかまって、よじ登りました。降りる時も足が届かず、ズリッと降りたのは私だけ?姉が何とか乗り降りできたので、ホットしました。


ヒルトンホテル 車で6分。
ホテル ヒルトン


ヒルトンホテル泊
IMG_3767


 空港からすぐでした。小高い丘に位置するホテルです。スイスには珍しく、部屋にエアコンが完備しています。ここで一泊して体を伸ばして眠りたい。みんなそう思いました。飛行機疲れです。


IMG_3755


 ☆4のホテルなのに、スリッパがない。大事件です。成田のリーズナブルなホテルでもスリッパはあったのにね。早く靴ぬいで、裸足になりたい!リムジンといい、スリッパのことといい旅の間じゅう話題になったホテルです。その他にも決定的な事件があったようです。この話は、娘のブログで紹介されるでしょう。
明日は、ルツェルンです。空港から直通の電車が出ています。

 ☆飛行機から降りる場合。
乗務員の指示に従い、飛行機から降りる順番は最後尾になります。車椅子を準備するためです。
 ★飛行機を出るー車椅子に乗ってー入国手続き-手荷物検査ー荷物を受け取るターン・テーブルのところまで連れていってくれる。ここまでが、サポートの最後です。
長い時間にもかかわらず、車椅子を押して目的地まで連れていってくれる乗務員さんに、感謝します。






♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 8月15日 

成田空港 ビジターセンター前で待ち合わせ
IMG_E3633
  成田空港(株)ホームページより転載 

 成田空港 第一ターミナル ビジターセンター前で待ち合わせです。車椅子に乗った姉が、無事にここまで辿り着けるか心配してました。今回の個人旅行のメンバーは、私と娘(次女)、私の姉と姪の4人です。今までの個人旅行の中で、類まれな弱小チームとして周囲に心配されていました。
 私は右ひざが悪いので、この日のためにストレッチや散歩をして多少鍛えたつもりです。姉は車椅子で行きます。姉はこのスイス旅行に至るまで、かなりの葛藤と決心がいりました。障害者対象のツアーを考えていました。一人で参加するのも寂しいし、付き添いの家族を連れて行くとなると、かなりの高額になります。こんな時、個人旅行のお誘いをしました。
 姉の身障手帳は、5級です。軽すぎるといわれます。家の中で杖をつけば何とか歩ける程度です。日常の生活でお買い物には、電動カートを使います。遠くに行く時は、軽自動車です。
いくつものボランティア団体の代表を務めるなど、アクティブな彼女でさえ海外旅行には消極的でした。
 無理をしない、ゆったりスケジュールはどうでしょう?スイスはバリアフリーの国です。みんなでワイワイ行きましょう!スイス旅行決定‼
 成田空港出発が、明日8月16日の朝9時15分。2時間前に搭乗手続きをするため、成田空港の近くに前泊です。空港からシャトルバスが出ています。

空港第一ターミナルからホテルまで
IMG_3724

シャトルバスが車椅子対応じゃないので、乗り降りは車椅子を降りなければなりません。車椅子をたたむと手際よく、乗務員が運んでくれます。出だしは上々です。大きなスーツケースを各家族1個と決め、入らないものはリュックサックで。一人手が空くので、車椅子が押せます。

成田エアポートレストハウス
IMG_3729

 ホテルは、バリアフリーで広さも十分です。これで一人4000円ぽっきりなんてリーズナブル。販売機があり、おにぎりやサンドイッチやカップ麺など美味しそうなものがあります。早朝出発の人には、ありがたいシステムです。もちろんレストランも併設しています。「スイス旅行の前夜祭をやろう!」と盛り上がる私ですが、もう一度空港に戻ってスイスフランの換金をする予定とか。
 空港で換金した後、あっちこっちのお店によって買い物をしたり、レストランでディナーをしたので別の意味で盛り上がりました。

 8月16日
 朝のシャトルバスは頻繫にあり、2台が対応していたため7時過ぎに空港に着きました。いよいよ搭乗手続きです。この場所で車椅子も、機内に預けます。今回は、あの有名なコリアンエアーをつかいました。ソウル仁川空港で一回乗り換えです。そのため姉の車椅子は、預けっぱなしでチューリッヒ空港で受け取ります。荷物を預けて、すっかり身軽です。

搭乗手続き
IMG_3731

 少し待っていると、女性の乗務員が車椅子を押してきました。出発ゲートは何処かなんて考えている暇もなく、姉を乗せた車椅子は出発ゲートをめざします。追いつこうと私は必死です。それを知ってか知らずか女性乗務員は、後からついてくる3人を振り返ります。「待って!」ともいえず、(;^_^Aびっしょりです。
 出国手続きです。車椅子専用の場所があり、付き添いの家族一人だけ通れます。娘と姪は、一般の所から手続きします。荷物検査をして、いよいよ出発ゲートです。パスポートと搭乗券を4人分まとめて渡し、名前を呼ばれて確認された後に搭乗です。
 飛行機の入口まで来ると、車椅子を降りて歩けるかどうか聞かれました。少し歩けると伝えると、乗務員が付き添って予約番号の席まで案内してくれました。トイレの場所や何か分からないことはないかなど聞かれとても親切です。
 ソウル仁川空港に着き、チューリッヒ空港行きに乗り継ぎます。その時間が45分です。飛行機から降りた所に、車椅子が待っていて姉が乗ると、スルスルとタラップを登り、乗り継ぎの搭乗ゲートへ。
速い!車椅子の追っかけが始まりました。どこをどう歩いたなど全く分からないまま、手続きを済ませて搭乗ゲートに着きました。
 分かったことは、私たち4人で車椅子を押して乗り継ぎするのは困難だと言うことです。乗務員が、エレベーターを使ったり、特別な通路を使ったりすることで、安全で最短のルートを提供してくれました。それにしても、韓国の女性は足が長く綺麗ですね。追いかけられない理由が、足の長さにあったとは。またまた(~_~;)びっしょりです。空港内で、6628歩も歩きました。

水と歯ブラシとスリッパがありました。
IMG_3732

お疲れ様!チューリッヒ空港までたっぷり時間があるけど、乗れて良かったね。

 ☆ 車椅子で飛行機に乗る場合、各航空会社のチェックイン(搭乗手続き)をして、荷物を機内に預ける時に車椅子も預けます。☆この時から乗務員のサポートが始まります。
前もって車椅子のことを連絡したわけでもなく、手厚いサービスが受けられるのです。航空会社の車椅子を用意してくれます。(心配な人は、航空会社に電話してみては。)
 ★チェックイン(搭乗手続き)航空会社の車椅子に乗ってー出国手続きー手荷物検査ー出発ゲートー
飛行機の入口ー予約した席まで連れていってくれます。★
 乗り継ぎの場合も、同じような流れで連れていってくれますので、本当にありがたいです。
 
 


♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


IMG_5639
夏休みにスイスに行ってきました!!
今回のメンバーはいつもと少し違います…
ご紹介します。

私(次女)

叔母
従妹

の4人の女子旅です( *´艸`)

平均年齢55歳!
叔母は車椅子で行きました!
英語は…殆ど話せません(笑)

このようなメンバーでも安全に旅行に行って来られたのも
スイスの治安の良さや、バリアフリーが整った環境、人々の優しさのおかげです。

はじめに、スイスの良さを簡単にお伝えしまーす!!

スイスの良いところ

①治安が良い
 怪しい人が全くいませんでした!物乞いもいない!
 夜でも出歩けますね♪

②バリアフリー
 鉄道、ゴンドラなどの乗り物類やホテルなどがバリアフリーです。
(一部バリアフリーではない電車あり)
 車椅子でも登山列車で3000m級の展望台にだって行けますよ!
IMG_3951



③トイレがキレイで無料
 トイレがキレイなことは女子には大切ですよね。海外ではトイレは大体有料の場合が多く、
 無料のところはドアが壊れてたり、詰まって汚かったりします。暗くて怖い場合もあります。
 スイスはどこもトイレは清潔です。驚いたのは、3000mの山のトイレでも水洗トイレでとても
 キレイだったことです。素晴らしい!

④そこまで物価が高くない
 世界でも物価が高いと言われているスイス。もう現地で何も買えないのではと思っていました。
 が、スーパーに行けばそんなに高くはありません。日本と同じくらいですかね。お土産類も他の
 ヨーロッパと変わらないくらいでした。

⑤どこに行っても絶景!!
 スイスには山がたくさんあり、ハイキングコースもたくさんあります。1回ではまわりきれません。
 また、山、川、村…電車から見える風景はどこも素敵です。

このように、海外旅行に行きたい!と思っている人はスイスがおススメです!!
特に初海外にスイスはおススメですよ!

次回は旅の日記を更新していきます♪

♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村




 






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 ホント 旅っていいですね!

2月 1日 
 マドリードから長距離バスに乗ってきました。快適でしたよ。グラナダの長距離バスターミナルの目の前は、バスやトラムの乗り場で便利そう。だけど本数が多すぎて、どれに乗っていいかわからない状態です。こんな時は、タクっちゃうのがいいらしい。荷物も多いから。ホテルの名前をプリントしたメモを運転手さんに渡すと、わかったとジェスチャーをして20分くらいで着きました。10€でした。安いですね。

  ダーロ川に沿った旧市街 この狭い道をタクシーが

IMG_1395


 ダーロ川に沿った狭い道を通って、ホテルに横付けです。こんな狭い道でもタクシーは、どんどん走って目的地へ向かいます。ここがグラナダの旧市街‼
 アルハンブラ宮殿のある丘と、麓のアルバイシンの丘の境目を流れるダーロ川。ホテルの目の前に、ダーロ川が流れています。古い石造りの小さな橋がかかっています。水量も少なく、ゆっくり流れています。そこからアルハンブラ宮殿の丘を見上げたら、中世の趣きのある建物が立ち並んでいます。丘の頂上に宮殿があることを想像させてくれました。川沿いに、カトリック教会が見えます。サンタ・アナ広場、ヌエバ広場は、すぐそこです。

 カトリック教会
IMG_1392

 サンタ・アナ広場 カトリック教会が見える
IMG_1391

 グラナダの旧市街を観光するには、ヌエバ広場を起点に動くのがベストです。迷路のような通路が行きかう旧市街で、迷ったらヌエバ広場に戻るのもいいかもしれません。
ヌエバ広場の前方の通り、カルデレリア・ヌエバ通り。タクシー乗場があります。いつもタクシーが、待機しているので利用できます。

 ヌエバ広場
IMG_1327

☆ エルビラ通りを歩く。
 カルデレリア・ヌエバ通りにぶつかる通りは、エルビラ通りです。右手にヌエバ広場を見て、左手にはバルが密集しています。エルビラ通りは、両側にバルがあります。幾重にも通りがあり、お気に入りのバル探しができます。とは言え初めてのことだから、どのバルにしようか迷ってしまいます。
一番賑わっているお店に入るのがいいですね。ありました。観光客向けのバルかもしれませんよ。そのバルだけお客さんが外まで溢れています。夕方の5時すぎだからオープンしていないお店もあるようです。
 ひとまずそのバルに入り、ライトビールと白ワインを飲みました。グラス一杯注文する時、メニューを見てタパス一皿注文できます。タパスは、無料で付いてきます。グラス一杯に、もれなくタパス一皿差し上げます! 二杯目は、飲んだり食べたりして満足です。三杯目は、注文をためらいます。もうタパス欲しくない。お腹いっぱいだから、タパスいらないって言うのもなんだし。いくら無料でも、注文したタパスを残すのもったいないしね。(グラス一杯、たった2€~3€です。) こんなこと悩むの変ですか?

タパス バーがいっぱいある。
タパスバー

 次のバル行こう!バル1軒にワンドリンク、ワンタパス。これ基本中の基本かもしれません。エルビラ通りと交差するパン通りは、角にパン屋さんがあります。だからパン通りと呼ぶのかどうかわかりません。パン通りに洒落たレストランがあるので入ってみると、ヌエバ広場に面したレストランでした。広場にオープンカフェがあり、少しお高めな雰囲気だったのでスルーしたばかりでした。
店内は小奇麗で、2人掛け、4人掛けと簡単に区切られています。居酒屋風バルと違って、レストラン風バルです。システムは、ワンドリンクにお任せタパス。ウエイターが、「当店のタパスは最高です。」と言ったとおり最高でした。ドリンクは少し高めですが(グラス一杯3€~4€)、お気に入りのバルになりました。

エルビラ通りとパン通り。カルテリア・ビエハ通りへ。
スペイン2

 レストランを出てすぐにカルテリア・ビエハ通り発見。パン通りがエルビラ通りにぶつかるあたりです。入口は、みやげものがはみ出しているのでわかります。狭い通りの両側には、様々なお店がひしめいています。下から見上げるとかなりの傾斜地で、素朴な石の階段が続いています。両側のみやげもの店をのぞきながら、上へ上へと歩くのでけっこう疲れます。 アラブ風カフェやイスラム風レストランがあり、異国情緒たっぷりの通りです。一度は登ってショッピングしてもいいと思います。
 坂を上りきると、かなり傾斜があることが分かります。アルバイシンの丘に沿って通りがあり、住宅があります。坂が多く、迷路のように道が作られています。ここで生活するには、足腰が丈夫なことが必須です。カルテリア・ビエハ通りを上りきると、カルテリア・ヌエバ通りにぶつかります。


 ビエハ通りとヌエバ通りがぶつかります。
スペイン

 カルテリア・ヌエバ通りを下っていくと、エルビラ通りに戻るわけです。エルビラ通りから、カルテリア・ビエハ通り、カルテリア・ヌエバ通りが、坂に向かって三角形につながっています。この二つの通りを歩くと、グラナダらしさを満喫することができます。カフェに入りたかったのですが、観光客が少なくガラガラだったので、入りそびれました。店員さんが私に、「ニイハオ!」と声がけしてくるのもちょっと。アラブ風、イスラム風が混ざり合い、何とも言えないグラナダ風の雰囲気がいいですよ。

 アルハンブラ宮殿へ
IMG_1390


☆ クエスタ・デ・ゴメレス通りを歩く。
 ヌエバ広場から、アルハンブラ宮殿の丘を目指してグラナダ門まで歩きます。カルデレリア・ヌエバ通りにバルが並んでいます。土産物店もあり、寄せ木細工の店は目を引きます。とても高価なものから、10€前後で買えるものまで品揃えがいいです。お土産にほしいなと思いつつ、まだ旅が始まったばかりで荷物が増えることを嫌ってあきらめました。

寄せ木細工の店
土産物店グラナダ

 カルデレリア・ヌエバ通りから、クェスタ・デ・ゴメレス通りに入ります。ホテルやレストランやカフェもありますが、ギターやフラメンコの店がありグラナダらしいです。

クエスタ・デ・ゴメレス通り

急な坂が続くと思ったら、グラナダ門が見えました。
グラナダ門から丘を見上げてみると、さらに急斜面が続いています。アルハンブラ宮殿まで、30分くらいで登れるらしいです。(私は、タクシーで登りました。)

 カテドラル
IMG_1369


アルカイセリア グラナダ

 アルカイセリアのショッピング街
IMG_1362

 カテドラル 周辺
IMG_1377

 ヌエバ広場を中心に歩けば、グラナダの良さを十分に味わうことができます。カテドラル周辺にも5分で行けます。 カテドラルの近くに、アルカイセリアと言うショッピング街があります。アラブ風の雑貨屋が狭い通りに軒を連ねていて、目を奪われます。2度目のグラナダは、カテドラル周辺をもっとディープに歩きたいと思います。この辺りも、バルが密集しているところがあるとのこと。バルを見つけて、「タベオ=はしご酒」したいな。

 
 

♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村


 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ