個人旅行大好き!村山さんちの家族旅行記!

ツアーを予約して、集団でゾロゾロ海外で観光。帰国して、思い出すことはなんですか? そういえば、何したっけ? そんな経験ありませんか? そうです。添乗員に着いていくのはラクですが、そんなに覚えてないことが多いんです。さらに、 そこは興味ないんだけど^^; ってことないですか? どうせなら、自分が本当に興味あるとこだけ、訪れたいですよね!? そんな方に読んで欲しい、完全個人手配の旅行記です!

今回は小樽のおしゃれなホテルに泊まります。

IMG_1857

白いドアが可愛いです♬
IMG_1833

水回り。トイレとお風呂は独立してます!
シャンプーとリンスはラベンダーの香り。ボディクリームはハチミツの香りでした♬
IMG_1834

広いバスタブなので、広々入れそうです(*^-^*)
IMG_1836

トイレも個室。手を洗う所もあります。
IMG_1837

広いクローゼットもあります!ここにスーツケースも置けそう(´▽`)
IMG_1838

このベッドは固さもちょうど良い感じです。
IMG_1839

ソファーがあって、くつろげそう(^^♪
IMG_1841

ポッドも完備してます。
IMG_1840

ロフト付きなので、2階もありますよ♬どきどき・・・
IMG_1842

ロフトの上はこんな感じ。秘密基地みたいです。
枕元にはコンセントがついていて便利です。
IMG_1843

テレビがないなぁ、と思っていたら、プロジェクターで壁に写すみたいです!
こんなホテル初めてなので、びっくり(*^-^*)
IMG_1845

朝ごはんは7:30~9:00の間に食べられます。素敵すぎる(≧▽≦)!
IMG_1849

このホテルは新しくて、とても素敵です!
ロフト付きのお部屋で3人で2泊、41,580円でした。かなりコスパ良すぎますよね!
小樽に来たら、またこのホテルに泊まりたいです(*^-^*)

ちなみに、コインランドリーが3階にあります。

IMG_1851

洗濯200円 40分。乾燥機200円 45分。
知床で洗濯をした時は総額2200円もかかりました笑
ぼったくられすぎです(~_~;)
ここのホテルのコインランドリーは清潔で安くておススメです!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

次女です(*^-^*)
今朝は5時半に起きて、朝から層雲峡のロープウェイに乗ります。
ロープウェイは6時から動いています。(おはようロープウェイという)
ロープウェイ往復とリフト往復で3,000円です。

IMG_4358
だんだん雲海が見えてきます。

IMG_4369

IMG_4368

IMG_4370
展望台です。この時気温は10度ほど!!
とても寒いです。。。

IMG_4360

IMG_4366

IMG_4365
寒いけど、いい眺めです(*^-^*)
雲海がきれい!!

IMG_4372

IMG_4378
さらに上へ目指すには、リフトに乗ります。
このリフト、片道15分も乗ります。
けっこう長いです。
リフト好きの私にとっては嬉しいです(´▽`)
でも、さむーい(~_~;)
IMG_4380
リフトを降りると、そこから登山する人もいました。
色々な登山コースがあるみたいです。
私達は、周辺を少し歩いて、再びリフトとロープウェイで下山しました。

さて、ホテルに戻り朝食を食べました。
朝食もメニューが豊富でした。
その後、温泉に入ります。
露天風呂は人がいなく、貸し切りだー!と喜んでいましたが、
実は時間が過ぎていました。。。すみませんー(;´Д`)

チェックアウト後、車で富良野へ向かいます。
層雲峡から富良野まで2時間ちょっとです。
まず、向かったのはランチの場所「富良野ジンギスカンひつじの丘」です。

IMG_4393

IMG_4394

IMG_4391

IMG_4392
ジンギスカンです。
1皿150gで980円と、900円のお肉があります。
野菜は400円です。
私達は3人で5皿食べました。
こんなにお肉を食べたのは久しぶりです。
ラム肉は油っぽくなく、胸焼けしませんでした。
とても美味しかったです(*^-^*)

ランチ後は、ファーム冨田に行きます。
けっこう広いです。
残念ながら、ラベンダーの時期は過ぎていましたが、
様々な種類の花々が咲いていて綺麗でした。
IMG_4400

IMG_4409

IMG_4408

IMG_4396

IMG_4405
ラベンダーソフト
IMG_4404
ラベンダーのお土産がいっぱいです。
IMG_4403
メロンパン
IMG_4414
中はメロンクリームがたっぷり行っています。
IMG_4415

ファーム冨田を後にし、富良野から小樽まで最後のドライブです。
約3時間くらいです。
小樽に着いてから、街を歩いて、夕食を食べました。
ドイツビールが美味しいお店です。
残念ながら、まん防でアルコールの提供はありませんが、美味しいドイツ料理を食べました。
IMG_4430
IMG_4421
IMG_4420
IMG_4423
IMG_4424
IMG_4425
IMG_4427
IMG_4428

明日は小樽観光をします。
では、また明日☆



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

知床から車で2時間40分くらいかけて、層雲峡にやってきました!
周りは自然に囲まれていて、癒されます(*‘∀‘)
IMG_1826

素敵な部屋の入口です♬
IMG_1811

入口から手前が水回り、奥が和室になっています。
IMG_1812

入口から入って左側にある水回り。アメニティも揃ってます。
IMG_1815

歯ブラシはついていました。
IMG_1816

お風呂は独立してました。ただ、ここのホテルは温泉がうりなので、このお風呂はあまり使わなそうです。
IMG_1817

トイレも個室。落ち着けて最高です(≧▽≦)
IMG_1818

部屋は広い和室です。寝る時にお布団は自分て敷きます。
IMG_1813

窓からの眺めは、川が見えます。
IMG_1814

ここのホテルの温泉は低温、中温、高温があり源泉かけ流しです(*‘∀‘)
有名な大きな露天風呂もあります。今までに入った温泉の中でトップクラスに良かったと思います。

また、夕飯は蟹づくしのビュッフェ形式でした。品数も多く全て美味しかったです♬

1部屋26,646円で朝夕付き。
かなりコスパの良いホテルだと思います!おすすめ(*^-^*)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_4296
<知床クルーズから>

父です。
今朝は3時59分に目覚めたが、今日の日程には長距離運転があるためもう少し寝ることにした。
年齢のせいか朝は早く目が覚めてしまう。
うつらうつら何とか6時まで寝床に居られた。

朝の知床クルーズ

さて、今日は8時の知床クルーズ船に乗車。一時間半のツアーだ。
朝一番の7時からの朝食を済ませ、知床観光船「おーろら号」に乗船した。
500トン余りの船なので揺れは余りない。天候は良し、朝の海は気持ちが良い。
IMG_4294
知床観光船「おーろら号」
IMG_4304
<デッキから>

IMG_1548
<船上から>

なんとも爽やかな風が全身に浴び、船は進行する。時には突風が吹き、次には穏やかな優しい風が身を包む。
何気なく、じっと景色を見ていると過去の出来事が走馬灯のように出てくる。日常とは違った時間、空間なのだと思う。

IMG_4315
<カムイワッカ湯の滝>

昨日、知床五湖のトレッキングしていて、丁度その辺りに差し掛かると海岸からと、内陸側とが一致し3次元的に合成された。もっとここでの時間を過ごしたい気持ちになった。
船上から「知床慕情」が流れ、レトロな情感が湧いた。♪「飲んで騒い~で、丘に登れば~」。。。

IMG_1561
<船上からのゴジラ岩>

網走監獄博物館へ

では、次女にバトンタッチし網走監獄博物館を書いてもらいます。

次女です。網走監獄博物館について紹介します。

網走監獄は、1890年に釧路集治監の外役所として開設され、1200人もの囚人たちが、網走から旭川まで繋がる中央道路の開削にあたり、163kmをわずか8か月で完成させました。
(博物館資料より)
北海道の開拓において重要な役割を担っていたんですね!!

さて、博物館を見学しましょう。

IMG_4321
右側に立っているのは人形です。
IMG_4322
床には開拓した道路の地図がありました。
すごい距離だなぁ。
IMG_4337

IMG_4338
かつて脱獄した囚人のエピソードがありました。
味噌汁で脱獄するとは。。。
リアルプリズンブレイク!!
IMG_4326
休泊所。枕は丸太です。痛そう。
IMG_4325
刑務所水門。
IMG_4324
独居房。光が一切入ってこないようになっています。
発狂しそう(;´Д`)
IMG_4327
農場の様子。
IMG_4329
食堂。
IMG_4330
食堂の囚人たちと同じ部屋で、監獄飯を食べることができます。
IMG_4328
監獄飯です。Aセット、Bセットがあります。
Aはサンマ、Bはホッケです。私達はBセットにしました。
両方900円です。
麦入りご飯、サトイモ、フキの煮物、味噌汁、ホッケです。
とても健康的ですね(*^-^*)

IMG_4346
こちらは、舎房及び中央見張所です。
放射状に5棟の舎房があります。
IMG_4336
見張り所は1か所から全体を見渡せるように、8角形になっています。
IMG_4340

IMG_4339
格子、色々考えられて作られている。
IMG_4341


IMG_4342
脱獄者発見!!
IMG_4347
エゾリス発見!!
IMG_4349
アジサイ。北海道では、今頃咲くのですね。

網走監獄博物館は、色々見どころがあり、歴史も知ることができました。
おすすめです。

網走刑務所を後にし、今夜泊まる「層雲峡観光ホテル」へ向かいます。
層雲峡は山道を上がっていきます。

ホテルは和室です。
窓から川が見えます。
IMG_1813

ホテル到着後、温泉に入りました。

夕食はホテルで食べます。
ビュッフェ形式です。
今回はカニフェアをやっていて、カニが食べ放題でした!!(≧▽≦)
カニ鍋。
父は、出汁を入れずに火をかけ、野菜を焦がしました(笑)
IMG_4352
カニ食べ放題!
殻を取るのがめんどくさい(笑)
IMG_4351
カニシュウマイ、カニパスタなど、カニづくしです。
IMG_4350
日本酒飲み比べセット。1100円。
IMG_1819

今日も楽しかったー♬

♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 IMG_4223
  ☆本日のベストショット☆知床五湖

 北海道旅行3日目!!
次女です。今日は阿寒湖から知床へ向かいます。
知床は私がこの旅で楽しみにしている場所です(*‘∀‘)
 朝食を食べ(また食べ過ぎた💦)、部屋で休憩した後、車で出発です!!
朝の気温は13℃ほど。とても寒いです。
まずは、阿寒湖から斜里町のウトロを目指して行きます。
ウトロに行くまでに、摩周湖や屈斜路湖を通過し、北へ北へ。。。
オホーツク海を目指してドライブです。
IMG_4198
海沿いに車を走らせると、ウトロの街に到着です。

IMG_4200
オロンコ岩です。
ここは登れるみたいです。

さぁ、お昼は海鮮丼です。
事前に調べてきた「ウトロ漁協婦人部食堂」です。
IMG_4203

IMG_4201

12時前に到着しましたが、10組くらい待っていました。
大人気です。
しかし、ここ1週間くらい海がしけていて、ウニ漁できなかったらしく、
お目当てのウニは食べられませんでした。
そこで、いくら丼を食べることに!!
IMG_4205

IMG_4206

IMG_4207

いくら丼 2000円。
これでもかってくらいの量です。
プチプチしていて新鮮です。
とても美味しかったです(´▽`)

お腹もいっぱいになったところで、知床五湖へ向かいます!!

知床五湖のトレッキングの出発地点となる、知床五湖フィールドハウスに着きました。
トレッキングを始める前に、立ち入り認定書を発行してもらい、レクチャーを受けます。
大人250円。
ここ1週間でもヒグマが目撃されているので注意が必要です。
IMG_4216
トレッキングのルートは大ループ(1周3km)、小ループ(1周1.6km)が
あります。大ループだと五湖全てを見ることができます。
IMG_4292
私達は大ループを歩くことにしました。
さぁ、出発です♬

IMG_4219

IMG_4220

IMG_4223
初めに見えたのは、五湖です。
湖に木々が映っています。対岸にはエゾ鹿がいました。
まるで、東山魁夷の絵画の様です。
私は五湖が一番のお気に入りでした☆

IMG_4238
次に見えたのは、四湖です。奥行があります。

IMG_4242
次は三湖です。

IMG_4247
次は二湖です。浮島が特徴的です。

IMG_4253
最後は一湖です。
一湖は高架木道からも見ることができます。
ハスが湖に浮いていて綺麗です。


IMG_4255
この扉から木道へつながっています。
ただし、一方通行なので注意です。(木道から地上遊歩道には行けない)

IMG_4257

IMG_4267
木道を歩いていると、エゾ鹿を間近で見ることができました。

IMG_4262
木道から見た一湖。
IMG_4260

IMG_4280

IMG_4286
歩いて疲れた後は、ソフトクリームがおいしい!!
IMG_4282
鹿肉バーガー。
IMG_4281


世界自然遺産、知床。
行って良かったです。
天気にも恵まれて最高の景色でした!!

ホテルに戻ります。
今日のホテルは、「ノーブルホテル」です。
IMG_1796
夕食はビュッフェ形式でした!!
IMG_4289
この後は、温泉に入ってゆっくりしたいと思います♬



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ