個人旅行大好き!村山さんちの家族旅行記!

ツアーを予約して、集団でゾロゾロ海外で観光。帰国して、思い出すことはなんですか? そういえば、何したっけ? そんな経験ありませんか? そうです。添乗員に着いていくのはラクですが、そんなに覚えてないことが多いんです。さらに、 そこは興味ないんだけど^^; ってことないですか? どうせなら、自分が本当に興味あるとこだけ、訪れたいですよね!? そんな方に読んで欲しい、完全個人手配の旅行記です!

<ホテルのテラスからのローヌ川朝焼け>
IMG_0663_1

2019年8月22日(木)
1€=117円
リヨンの気温:最高26度、最低13度
本日の歩数:10,235

父です。
今日は、だいぶ蓄積疲労がたまってきたので、ポール・ボギューズ市場と旧市街を歩く程度にしようと思います。
上の写真は、ホテルのテラスからローヌ河畔の朝焼け風景です。空気は澄んで、ヒンヤリするくらいの気温です。とても美しい心和む景色です。

朝食(ZUCCA)

朝食付の宿泊にしたので、昨晩のZUCCAへ行きます。ブッフェスタイルで料理の品数はかなり豊富です。このレストランは旨い。

IMG_0673

<このレストランの有名なクロワッサン>
IMG_0671

<新鮮な果物が食べやすく提供されている>
IMG_0674

ポール・ボギューズ市場へ

2時間くらいホテルでくつろいでから、出発。
リヨンはバス、地下鉄、トラムの共通切符があり乗り放題です。下記の写真は24時間券(6€)です。日本では、JR、私鉄、都バス、民営バス、都電などバラバラに購入しますが、リヨンでは共通券で楽でした。

IMG_0731

1日券を買いホテルからバス、地下鉄で旧市街へ。ポール・ボギューズ市場まで比較的簡単に短時間で行けました。バスはノンステップ車両で、乳母車など楽に乗れます。

ポール・ボギューズ市場の向かいの肖像画>
IMG_0670

<ポール・ボギューズ市場外観>
IMG_0671

店内では、魚介類、チーズ類、各種総菜、肉類、菓子、オリーブ専門、ドライフルーツなどなど様々な専門店がところ狭しとあります。もちろん少量づつでも販売してくれるので、あちこちで楽しめます。
私達はチーズの試食で「ウマイ!」と思ったものを買いました。量はそんなに必要ないので、小さくカットしてもらいました。ジェスチャーで十分コミュニケーションは取れます。
では、店内の様子を写真で紹介します。(言葉ではぜんぜん表現できないので)

<店内・魚介類専門店>
IMG_0674

<店内・チーズ専門店>
IMG_0675

<店内・総菜専門店>

IMG_0676

<店内・総菜専門店>

IMG_0677

<店内・肉類専門店>

IMG_0678

<店内・菓子専門店>

IMG_0682

<店内・オリーブ専門店>

IMG_0684

<店内・ドライフルーツ専門店>

IMG_0683

<店内・菓子専門店>

IMG_0685

<店内・フルーツ専門店>

IMG_0686

そして、店内で食べた海鮮盛です。カキが沢山入っていて50€でした。磯の香りを楽しみ、芳醇な味は何とも幸せにさせてくれます。

IMG_0687

サン・ジャン大聖堂

白亜の聖堂とステンドグラスの美しい大聖堂。女性的な美しさを感じる聖堂でした。
解説によると12世紀ロマネスク様式で建築が開始され、時代とともにゴシック建築に変容していったのです。

<外観>
IMG_0698

<外観>

IMG_0728

<外観>
IMG_0701

<身廊>
IMG_0703

<ステンドグラスの投影が床を照らす>
IMG_0705

<中央のステンドグラス>

IMG_0706

<天井>
IMG_0704

<説経台?>
IMG_0710

<中央から右側のマリア像>
IMG_0714

<教会内には美しい絵画がある>
IMG_0715

ステンドグラスの投影が手前左の柱に写っている>
IMG_8670

<同上>
IMG_0720

昼食(郷土料理)

美しい聖堂の横にある ブションBouchon と呼ばれるリヨン名物の庶民的なレストランへ。手ごろな値段で
郷土料理が味わえます。

事前に調べた郷土料理、クルネとブーダンノワールを注文しました。
クルネは川カマスの身をすりつぶしたものに卵、バター、小麦粉を混ぜ、焼いたもの。ふんわりとした食感の魚料理。ソースがコクがあり絶品。

<クルネ 16.9€ >
IMG_0726

リヨンのソーセージ。
動物の内臓を利用したソーセージ。これは、豚の血、脂を腸詰したブーダンノワール。コクのある旨味の強いソーセージでした。

<ブーダンノワール 16.9€ 
IMG_0727

夕食(ZUCCA

昼食後しばらく旧市内をぶらぶらしたが、日差しが強く、ホテルへ戻ることにした。
ホテルでは、ゆっくりとした癒しの時間を過ごしてから、20時近くにホテル内のレストランに出かけました。

<トマトと魚リゾット 20€>
IMG_8671

エプロン・タブリエ・ド・サプール

牛の胃袋を茹でパン粉をつけ焼いたもの。カリットとした表面が食感が良い。臭みは全くなく、調理の手間が掛かっている逸品。

<エプロン・タブリエ・ド・サプール 29€>
IMG_8673

<エプロン・タブリエ・ド・サプールに添え物>

IMG_8672

ああ、今日は4回の食事。
美食の街を満喫。
ワインは旨いし、料理も旨い。街は綺麗で安全。緑が多く、ローヌ川も良い。
まさか、ここは天国ではあるまいな!俺はまだ生きてるぞ!!



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年8月21日(水)
1€=118円
リヨンの気温:最高 26度、最低 16度
本日の歩数:6,405

長女です。

癒しのプロヴァンスを去り、今日は美食の街リヨンへ移動します。

エクスTGVからリヨンまでは1時間30分かかります(20€)。
フランスは基本的に座席指定しないと乗ってはいけないので、座れない心配をしなくて大丈夫です!
※よくダブルブッキングしていることがありますが、車掌さんに言えば違う席を指定してくれます。


リヨン駅に到着し、タクシーでマリオットホテル リヨンまで行きます。
ホテルまで13€でしたが、スーツケース代が1個につき1€加算されるので、17€支払いました。
タクシーの運転手さんがマリオットホテルのレストランはおススメと言っていたので、今晩はホテルのレストランへ行ってみることにしました。

レストラン「ZUCCA」

はじめにパンの盛り合わせが出てきます。
IMG_0664

白ワイン ボトル29€  ぶどうの味がして辛口で美味しい!
IMG_0666

アスパラのリゾット 18€ 
IMG_0667

ムール貝とトマトのパスタ 18€
IMG_0668

サーロインステーキ 24€ 肉が柔らかくて美味しい!
IMG_0669

このレストランは今までの旅で1,2位を争うほどに全て美味しかったです(≧▽≦)
リヨンの料理が明日から楽しみです♪



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年8月

長女です。

オランダ4日間の総費用を公開します。
と言っても、1日目は夜に着いたので、実質3日間の費用になります。
オランダは物価が高い!とずっと思っていましたが、実際に旅行してみると他のヨーロッパと比べて若干高いかな?と思うくらいでした。

※1€=118円で計算します。1人あたりの費用に換算します。

ホテル代 34,738円(1日あたり8,685円)

鉄道(移動費用) 7,965円

観光 18,703円

食費 11,498円(1日あたり2,875円)


総額 72,904円(㏠あたり18,226円)


オランダは有名な美術館が多く、入館料も高いので、観光費がかかりました。
朝食付のホテルだったので食費が少なめになっています。

オランダはトラムが発達していて、どこに行くにも便利(ただ、けっこう複雑なので乗りこなせたら便利)。

自転車がすごいスピードを出しているので、ひかれないように、注意して歩くのが大変でした(;´・ω・)

大麻を合法的に吸ってもよいコーヒーショップが、普通に街の中にあり衝撃を受けました!コーヒ-ショップの前で深呼吸しましたが、匂いはしなかったです( ´∀` )

スキポール空港から出国する時は、厳重な荷物検査があるので、時間がかかります!




♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年8月

ロクシタン大好きな次女です(*^-^*)

ロクシタンが半額で買える方法!それは、南仏のロクシタン工場で買うことです!笑
いきなりハードルが高すぎですが、フランス旅行を計画される際にぜひ行ってみてください。
ロクシタン工場は南仏のマノスクという街にあります。

ロクシタン工場への行き方の記事は以下👇でご紹介します。

ロクシタン工場の行き方

IMG_8611
今回買ったロクシタンの商品♪
荷物制限がなければもっと欲しかったなぁ。

さて、今回ロクシタン工場へで購入した場合にどれほど安くなるか検証しました!!
現地価格(ファクトリーツアー参加で10%OFF)から
さらにTAXFREEで20%OFF
1€=118円(2019年8月20日現在)
※画像はロクシタン公式HPより



IMG_E8644
工場価格⇒51€(6014円)さらに免税で 4811円
差額3829円!!
高額商品はお得ですね!


IMG_E8645
工場価格⇒14.4€(1700円)さらに免税で1360円
差額1340円!!半額!!

IMG_E8646
工場価格⇒25.2€(2980円)さらに免税で2384円
差額1828円!!

IMG_E8647
工場価格⇒30.6€(3618円)さらに免税で2894円
差額2398円!!

IMG_E8648
工場価格⇒26.1€(3086円)さらに免税で2468円
差額2284円!!

IMG_E8649
工場価格⇒23.4€(2767円)さらに免税で2213円
差額3079円!!
半額以下でした!!
もっと買えばよかった(;´・ω・)
IMG_E8650
工場価格⇒23,4€(2767円)さらに免税で2213円
差額2431円!!
これも半額以下!!
お得すぎ!!(≧▽≦)
IMG_E8651
工場価格⇒25.2€(2980円)さらに免税で2384円
差額2476円!!
これ新商品です。
こんなにお得にゲットしました!!


今回これらの商品をすべて日本で購入すがると40,392円ですが、
ロクシタン工場で購入すると219.3€(25,860円)になり、
更に免税で175.4€(20,688円)になり、
総額19,704円お得でした。
ということは半額ですね(≧▽≦)

ロクシタン工場にいく交通費5059円を差し引いても
1万5千円くらいお得になりました

※ロクシタン工場へ駅から2人でタクシーで行った場合

円高の今、現地で購入&ファクトリーツアーの割引&免税でこんなにお得に買えました(≧▽≦)

ぜひ南仏のロクシタン工場に行ってみてください。




♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年8月

ロクシタンが大好きな次女です(*^-^*)

フランスに旅行に来る際はロクシタンをいつも爆買いしています。

今回は南仏エクス・アン・プロヴァンスに滞在するので、同じく南仏の街「マノスク」にある
ロクシタンの工場に行ってみようと思います。

ロクシタン工場外観
IMG_8595

IMG_8588

IMG_8592


ロクシタン工場に行くにあたってツアーも調べました。
ツアーを開催しているのは2社ありました。
値段は13,000円から15,500円までありました。
高い!!せっかく安く買えるのに元がとれなそう!
というわけで、何とか自力で行こうと考えました。

①ロクシタン工場見学の予約をした。
これは簡単でした。
日本のロクシタンのHPに詳細が載っています。
以下のメールアドレスに参加したいと送ると、返信が来ます。返信文に指示されたように、名前や連絡先、希望日時などを送ります。
メールはもちろん英語です。(;´Д`)
ここで役立つのが、google翻訳です!
送る英文、返ってきた英文を理解できます。

工場見学は無料、1時間程度のツアーです。
土日を除く一年中開催しています。
フランス語または英語ツアーになります。

工場見学メアド👇
reservations.visites@loccitane.com

②ロクシタン工場への行き方を調べた。
工場への行き方をネットで検索するとほとんどありませんでした。(;´Д`)
公式HPでは、住所と高速道路の案内図しかありません。
ツアー以外で来る人は、車で来る人がほとんどでした。
駐車場も広いです。

わずかな情報を頼りにまとめると、
①鉄道で行く方法
→エクスの駅(TGV駅ではない。在来線の駅 エクス・アン・プロヴァンス・サントル駅)からマノスク駅まで、40分くらい。
そこからタクシーで行く。

②バスで行く方法
→エクスのバスターミナルからマノスクのバスターミナルまで行き、そこからバスを乗り継いで
工場まで500mほど歩いて行く。

の2つの方法でした。
私達は①の鉄道で行く方法にしました。
といっても、鉄道について調べてもまったく情報がなく分からず…
駅員さんに聞けばいいか、なんて思っていました。

③当日、ロクシタン工場へ向かう!!
朝8時半くらいに在来線の鉄道駅に到着すると、人気が全くありませんでした。
IMG_8549
エクス・アン・プロヴァンス・サントル駅

切符の販売機を見ても分からず、駅員を探しました。
すると、「マノスク行きはない。マルセイユで乗り継ぎだよ。」と言われました。
路線図も分からず、難易度高すぎなので、バスで行こうかと話していると、
駅員さんはバス乗り場を教えてくれました。そのバスターミナルは、マルセイユ空港からエクスに来る時に使用した場所だったので少し安心です。

バスターミナルへ向かいました。
IMG_8602
バスターミナルは鉄道駅とは逆に人がたくさんいました。
インフォメーションもあるので助かります。
無料のトイレもありました。
インフォメーションでマノスクに行きたいと聞くと、直通バスがありました!
(片道14、4€)
IMG_8639
乗り場も教えてくれました。
IMG_8553
1時間でマノスクに到着!!
バスはマノスクの鉄道駅の前に泊まります。
駅の左手にはタクシーが常に1台います。
タクシーでロクシタン工場にいくことができます。
私達はタクシーで行きましたが、バスでも行けるそうです。
(片道14€)
が、このバスの路線図と時刻表を見てもよく分からず…(;´Д`)
しかもローカル線だからあまり来ないかも。
早く工場に行きたい人はタクシーがおススメです。
バス情報は参考までに載せます。
IMG_8557
バス停
IMG_8558
IMG_8559

★行き★ エクスのバスターミナル→マノスク→タクシーで工場へ
工場に向かうにはタクシーがおススメです♪

さて、いよいよロクシタン工場に入ります!!

④ロクシタン工場のファクトリーツアー
IMG_8583
このツアーではロクシタンの歴史や工場内の様子を説明しながら見学できます。
工場内は撮影不可でした。
英語ツアーだったので100%理解はできませんでしたが、とても充実しました。
1時間程度のツアーでした。

ツアー参加者にはミニボトルのプレゼントと、ショップで10%オフで購入できる特典付きです。これはうれしいですね(≧▽≦)
IMG_8612
もらいました♪

⑤ロクシタン工場直営のショップでお買い物♪
さぁ、楽しい楽しいショッピングの時間がやってきました。
ファクトリーツアー参加で10%オフで、さらにタックスフリーでお買い得に買えます。
詳しくは次の記事でご紹介しますが、とにかく安かったです!!
商品によっては日本で購入する金額の半額くらいになるものもありました。
IMG_8567

IMG_8568

IMG_8566

IMG_8563

爆買いしたかったので、工場から郵送できるか聞いてみましたが、それはできませんでした。
なので、帰りの荷物の重さを考えながら買い物を楽しみました。
買ったもの👇
IMG_8611

IMG_8584
ロクシタンの使用済みの容器を3つもっていくと10%オフになるそうです。
容器はリサイクルされます。
IMG_8585
そのリサイクルされた容器で詰め替え用も売っていました。エコですね。
日本でも取り組めばいいのにな。

⑥ロクシタン工場からエクスへ帰る。
帰りのタクシーはロクシタン工場のスタッフによんでもらい、マノスクまで戻りました。(13€)

バスの時間まで30分ちょっと、カフェで軽いランチをしようと駅前に唯一あるカフェへ。
そのカフェはオールフランス語で、メニューがなく、店員もフラ語。まったく分かりません(;´Д`)
メニューをくださいと言っても、あれしかないと冷蔵庫に入っているパテみたいなものジェスチャーで言われ…ここはパテしかないのか???
まわりのおじさんはパテ食べてるし、これしかないのか???
仕方なく、パテを食べました。
IMG_8599

あとで気が付いたのは、この店はランチはコースしかないらしく、パテは前菜でした。だからメニューがなかったのでした。私達はバスまでの時間がなかったので、「時間がないから、パテだけでOK」と時計を指刺してジェスチャーで伝えました。
パテだけ食べる変な東洋人が来たと思ったでしょうね(笑)
パテとオレンジジュース、ワインでたった10€でした。
良心的なお店でした。(*^-^*)

さて、カフェを出てマノスク駅でバスを待っていましたが、バスが来ません。
30分経っても来ないので焦ります。
そこへエクスのTGV行きのバスが来ました。
直通バスを諦め、それに乗ってTGV駅まで行き、そこからバスでエクスの街まで行こうと思いました。
(マノスクからエクスTGV駅まで9€)
バスの運転手からチケットを買おうとするが、満席なのか予約制なのかで乗れないと言われました。
仕方なくタクシーに乗ることに。。タクシーは、バスの料金でTGV駅に行ってくれました。ラッキー(*^-^*)
タクシーの運転手さん、行きに乗ったタクシーの陽気なおじさんだー!
ちなみに、私達はバスの料金として9€で済みましたが、普通にタクシーで行くと50€以上するので注意!

無事エクスのTGV駅に到着し、バスを乗り換えてエクスの街へ行きます。この路線は頻繁に出ているので安心ですよ。
(エクスTGV駅からエクスまで6€)


まとめ
自力で行った場合
42.9€で行けました。(2人でタクシー利用の場合)

(5059円 1€=118円)
ツアーの5分の1くらいの料金です!!


安くいきたい!!という人はぜひ自力で行ってみてください。
その際はバスとタクシーで行くことをお勧めします。
お金に余裕がある人はツアーが楽かと思います。

ロクシタン大好きな人はぜひ工場見学に行ってみてください。

♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ