個人旅行大好き!村山さんちの家族旅行記!

ツアーを予約して、集団でゾロゾロ海外で観光。帰国して、思い出すことはなんですか? そういえば、何したっけ? そんな経験ありませんか? そうです。添乗員に着いていくのはラクですが、そんなに覚えてないことが多いんです。さらに、 そこは興味ないんだけど^^; ってことないですか? どうせなら、自分が本当に興味あるとこだけ、訪れたいですよね!? そんな方に読んで欲しい、完全個人手配の旅行記です!

現地の台湾の方たちの朝食は、基本外食だそうです。そのような慣習からか、朝早くから屋台や食堂が開いているところが多いです。

私たちのホテルのプランは朝食なしだったので、朝食を食べに人気の食堂へ行く予定になっていました。楽しみです。
☆★阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)です★☆

台北駅からも近いです。
IMG_6712

こちらの食堂は大人気で朝早くから大行列です。
30分から1時間並ぶ覚悟が必要です!

フードコートの中にあります。
IMG_6706


こちらがメニュー
IMG_6711

カウンターで注文します。
スピーディーなので、事前にメニューを見て素早く注文しましょう。
日本語はある程度通じます。
指差し注文もOK!
IMG_6710

IMG_6707
持ち帰りもできますが、店内で食べることもできます。
店内は広々しています。
IMG_6705

IMG_6709

メニュー3番:鹹豆漿
IMG_6713

豆乳が半分くらい固まって豆腐のようなお粥のような感じです。
だしもきいています。
茶色のものは揚げパンです。意外と合います。
パクチーやネギも入っています。
これが激うまです!!!
2日間通って2回食べました!!!


メニュー45番:揚げパン 
IMG_6715
ボリュームがすごい!
さきほどの鹹豆漿の中に入っていたものです。

メニュー41番:(メニュー左下)クレープのようなもの
IMG_6714
うどんのようなもちもち感がおいしい!
卵も入っています。

メニュー22番:サンドイッチ
IMG_6716
ネギ入り、卵入り、揚げパン入りなど選べます。

豆乳も飲みましたが、とても美味しかったです!
豆乳の甘味が感じられました。

台北に来られたらぜひ、こちらの食堂で朝食を食べてみてください!!



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年度のGWは10連休!!

「このチャンスを逃すまい!」と、10連休が決定したころに旅行の予約をしました。

まず、航空券を予約。すでに値段は高騰(;'∀')(昨年の10月下旬に予約しました。)
往復5万円でゲット!エバー航空です。通常なら2万ちょっとで取れるけど、GW値段なら仕方なし!
この時5万でしたが、今年の3月ごろは10万近くになっていました…おそるべし!!

航空券は値上がりしていましたが、ホテルはお安く予約できました!(こちらも昨年の10月下旬に予約しました。Booking.comで予約)
個人手配はやはりお得です。


台北では、「台北Hインペリアルホテル」に2泊しました。
このホテルは、「窓なし」ということで1泊3千円でお得に泊まれました。

IMG_6539

IMG_6538

IMG_6536

窓がなくても全然OKですね♪
トランクを広げるスペースも十分です。

こちらが外観
IMG_6543
左が、ホテルが入っているビル。右が、三越が入っているビルです。
ホテルは上層階にあり、下層がオフィスになっているので少し分かりにくいです。
ビルの1階にはファミマがあるので便利です。

このホテル、何と言っても好立地なのです!
目の前が台北駅です。
この立地で3千円なら次回もリピートしたいと思います!
IMG_6576
目の前の台北駅。

次の記事からは台北について紹介します♪




♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


2019 5・5

 電車でのんびり行く旅もいいけど、ドアツードアで行ける旅もいいですね。車だったら普段着のまま、行けますよ。
  車で2時間以内の距離で高速を使ってもいいとなると、山梨県、神奈川県、静岡県、栃木県、群馬県など関東甲信越のいたるところに行けちゃいます。
 今回は群馬県に決めました。山の奥深い温泉がいいな!目的地は群馬県利根郡みなかみ町入須川。

★奥平温泉 「遊神館」

駐車場より「天見山」を望む
IMG_0300

道路の向こう側に遊神川が流れています。
IMG_0299 - コピー

「遊神館」 神が遊ぶ館ってこと?
IMG_0291 - コピー


おもしろい名前のある温泉です。「遊神館」って何か雰囲気ありますね。その前方に遊神川が流れています。この川の名前をとって命名したのでしょうか。川の上流には「天見山」という山があり、天を見る山に神様の存在が感じられます。民話の村のようですね。目的地は関越自動車道月夜野インターから20分くらいです。まだ時間があるので一つ手前の沼田インターで降りてみました。

 ☆チョット寄り道 吹き割りの滝

東松山から関越自動車道で沼田まで、休日料金で行きました。ゴールデンウイークとは思えないほど
空いています。高速を沼田で降り、120号を尾瀬方面にまっすぐ行きます。
吹き割りの滝へ1時間30分~40分で着きました。自宅からは、2時間10分でした。

IMG_E0376

IMG_E0377
nexco/co/jp、沼田市ホームページより転載

坂を降りて滝へ
IMG_0308 - コピー

こんな急坂ですよ。
IMG_0327 - コピー

遊歩道が広いので、川沿いだけ歩きました。
IMG_0326 - コピー

吹き割りの滝
IMG_0315 - コピー

すぐそばまで行くと、しぶきが気持ちいい。
IMG_0316 - コピー

 ☆チョット寄り道 大清水の水芭蕉

水芭蕉の見ごろと聞き、120号線を尾瀬方面へ。
IMG_0382


尾瀬大橋を渡って
IMG_0330 - コピー

こんな橋を渡って片品川を渡ります。
IMG_0343 - コピー

けっこう遠いです。途中に尾瀬の入口と沼田駅を結ぶバスターミナルがあったり、山の中に旅館や民宿が密集してました。
 大清水にやっと着いたと思ったら、水芭蕉はまったく咲いていません。まだ葉が少し尖って出ているだけです。水芭蕉の自生地は、金網の柵に囲まれ無機質な風景です。鹿の被害でこうするしかないようです。鹿は何でも食べちゃうのね。

近くに素晴らしい滝がごうごうと落ちていました。
IMG_0336 - コピー


 ☆チョット寄り道 片品村水芭蕉の森

120号線を戻って、片品村水芭蕉の森をたずねることにしました。小さな案内板を見落とさないよう沼田方面を右側に入ります。テニスコートを右手に見ながら山の中に入って行きます。
ありました!本当に森の中です。入口の駐車場は小規模で、この時期に臨時に用意されているようです。仮設テントにおみやげや美味しそうなものばかり並んでいます。仮設トイレもあります。
休憩所も設置されているので、帰りに美味しいもの食べよう!水芭蕉の森まで坂を登るので、無料の登山用ストックが用意されていて助かりました。(入山料、駐車場など無料。)

山の斜面に水芭蕉が咲いています。
IMG_0345

IMG_0348

IMG_0346

IMG_0344 - コピー

休憩所でイワナの塩焼きやアイスクリーム、名物の味噌まんじゅうを食べました。片品高原旅館組合の主催で、安くて美味しいものばかりでした。山の斜面に水芭蕉が無数に咲いている様は、とってもいいですよ。(片品高原旅館組合 0278-58-4646)
すっかり遅くなってしまいました。目的地の温泉は、沼田から17号線で湯宿温泉に向かいます。

  ちょこちょこっと「たくみの里」

17号湯宿温泉から左に、53号中之条湯河原線へ入る。
tたくみのさと地図

急坂を登りきると、たくみの里です。
IMG_0369

IMG_0367

IMG_0368

IMG_0370

宿場町としてにぎやかだった宿場通りは、道の駅「たくみの里」になり賑わっています。体験型の施設が軒を連ねていますが、紹介することができません。目的地の「遊神館」は、まだ先です。

たくみの里は美しい山々にかこまれています。
IMG_0364

IMG_0365

IMG_0366

 「遊神館」に到着。

たくみの里から15分で「遊神館」に着きました。ほんとうに山の奥にありました。寄り道をしたので午後3時を過ぎましたが、まだまだ楽しめます。
( 営業時間 夏季4月~10月 10時~21時 定休日 第2・4木曜日 祝祭日営業)


IMG_0298

IMG_0302

IMG_0301

IMG_0290

IMG_0292


入口に入ると両側が靴箱で、好きな所に靴を入れます。鍵は受付で入館料を支払うときに預けます。
ロビーは、おみやげと地元の野菜やくだものがところ狭しと並べられています。なるほど田舎の温泉って感じです。
(入浴料 おとな 570円<特別割引450円> こども 310円<200円>)他入湯料50円
受付から、広い大広間が見渡せます。休憩場所を確保して入浴です。

 大浴場、泡風呂、ぬるま湯、露天風呂、サウナ室と水風呂あり、源泉100%かけ流しです。料金の割安感があり気に入りました。露天風呂から山や森が見え、森林浴をしているような気分を味わうことができました。

 お腹が空いた!ここの名物料理は何?
「カミナリ重」950円、手打ちそば680円、生ビールセット750円などメニューが豊富でした。
お腹が空いたので、「カミナリ重」です。淡泊なナマズの天ぷらに、絶妙な醬油ダレをかけたというよりしみこませたような。美味しい!

カミナリ重
IMG_E0375

手打ちそばもおいしそう!
IMG_E0391
たくみの里ホームページより転載

予約すれば、手打ちそば付きのこんな料理もできます。

IMG_0295


部屋を予約して、ゆったりするのもいいですよ。
IMG_0296


すっかり夜になり、家に帰る時間が21時過ぎそうです。帰り道は、たくみの里を通過せずに関越自動車道の月夜野インターに最短で行きました。

帰り道も高速道路は休日料金でした。

IMG_E0393
NAVITIMEより転載

関越自動車道まで、途中このような道路を利用しました。
IMG_0306

農道より谷川岳が見えます。(夜は真っ暗)
IMG_0304

IMG_0307

目的地の「遊神館」は、距離的にはそれほどありませんでした。チョット寄り道の時間が、思った以上にかかってしまいました。一日をたっぷり有意義に過ごせたので良しとしましょう。
「お父さん、運転お疲れ様でした!」


♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

悲  報

 今朝のノートルダム大聖堂の大火災ニュースには言葉が出なかった。
勢いのあるオレンジ色の火柱は大聖堂屋根全体から立ち上り、悲惨な映像に絶望感しか残らなかった。
一瞬、9.11のワールドトレードセンタービルの倒壊映像や、東日本大地震の町を飲み込む津波映像と同じ感覚を起想させた。
ボヤなら理解できたが、あれほどまで痛まし姿は現実とは思えなかった。
ニュース映像は、悲痛にみちた、祈るパリ市民の姿をとらえた。
貴重な文化遺産の火災というだけではなく、カトリック信者には、さらに耐えがたい。

ノートルダム寺院
                                                            (2012年冬撮影)
私とノートルダム

 2012年、初めてのヨーロッパ旅行でパリを訪れ、ノートルダム大聖堂も見学した。
大聖堂では、石造りの長い螺旋階段を上り屋上テラスまで行った。途中、ニュース映像にもあった太い木組み、木の床など複雑な内部は木材が相当量使われていたのを覚えている。
 大聖堂で特に興味を引いたのはガーゴイル。あの奇妙な像は、幼いころ見た「ノートルダムのせむし男」の妖怪観と同じだからであろうか。
この旅行を契機としてフランス好きになり、2015年、2017年とパリをはじめ南フランスを訪れた。

観光の観点の変化

 今回の災害で、今までとは違った観光の観点に変化しそうだ。
いままでの文化遺産の見学では、遺産の尊さを思う観点が足りなかったように思える。
ノートルダム大聖堂がそこにあってあたり前、という感覚だ。
しかし、形あるものは永遠にそのままの形ではいられない。今、眼前の文化遺産をもっと尊く、今でしか見る機会がないかも知れないと思うようにしよう。
しっかりと歴史的背景を理解し、その貴重性を理解、鑑賞するようにしたい。

復 興

日本の建造物で観光の目玉の一つである鹿苑寺金閣。金閣寺も1950年に放火により焼失。
数年前に見学したが違和感なく見学することができた。各種の専門家の労力のお蔭である。
マクロン・フランス大統領はノートルダム大聖堂を5年で復興したいと述べられ、寄付金も1000億円近くも集まっているようだ。
今年8月にパリに行く予定で、予約したホテルは奇しくもノートルダム大聖堂のそば。
まだ、炭の匂いがあるかもしれないが、訪れ、私なりに復興を祈りたい。



♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019 3・9

 温泉に行きたい!  気軽にふらっと日帰り温泉なんていいですね。駅で旅のパンフレットを見たり本屋で立ち読みしたけど、情報が多すぎてどこへ行きたいのか分からなくなります。
 各社の日帰り旅行プランを見比べた結果、ロマンスカーで行く箱根湯本に決定です。電話で予約するとコンビニ決済の用紙が送られてくるので、支払ったらOKです。

この橋を渡ればすぐです。
IMG_6005

IMG_6006

IMG_6007

IMG_6009


駅前の道路をはさんですぐ、赤い橋が見えます。橋を渡ればホテルの下に到着。坂道を登りたくない人は、右側にエレベーターがありますよ。こんな近くていいの?めんどくさがりの人におすすめです。

ホテルの入口に金魚がお出迎え。
IMG_6010

受付を済ませて2階の大浴場へ行こう。12時から入れます。
IMG_6012

大浴場の入口で、バスタオルと洗顔タオルと靴を入れるビニール袋(靴の間違え防止に)をもらいます。並びに休憩室がいくつかあります。さぁー温泉に入ろう!
 内湯は、泡風呂のついた細長いお風呂。外湯は、岩風呂とまるい檜風呂。露天風呂です。温泉に入りたいと思ってきたのに、長い時間入れないものですね。出たり入ったりして、1時間あれば十分でした。ゆっくり温泉に浸かろうなんて風情を味わう間もなく出てきてしまいました。

休憩室でまったり。
IMG_6011

あまりまったりする時間もなく、13時から食事の予約をしていたので、1階のレストランへ。レストランの受付でチェックします。

時間は80分です。
IMG_6013

IMG_6014 - コピー


IMG_6015 - コピー


塩ラーメンが一番おいしかった。
IMG_6016


💮この日帰り温泉をきめた理由は。

 ○ 新宿からロマンスカーで1時間~1時間半で箱根湯本に着く。⇒ロマンスカーの旅を味わう。
 ○ 箱根湯本の駅前より川を渡ってすぐホテルがある。⇒近くて便利で温泉旅行の気分満載です。
 ○ 料金がリーズナブル。
   洋・中ブッフェの食事代と入浴 4370円
   ロマンスカー特急料金ときっぷ運賃の往復 4560円(2280×2)
合計が8930円⇒2名なら 1名 7530円でした。安い!小田急トラベルを使いました。 
 12時~13時まで入浴。13時~14時20分(80分間)昼食:洋・中ビュッフェ形式。食事の後にもう一度入浴したい人はホテルのカウンターに申し出ると、2回目の入浴ができます。
お腹いっぱいになってホテルのラウンジにて15時まで休憩。ホテルに入館してから出るまで3時間でした。ゆっくり日帰り温泉の旅も3時間で帰ってしまうのではもったいないですね。とは言っても、箱根ガラスの森美術館や星の王子さまミュージアムに行くには時間がないし中途半端です。

 そうだ温泉旅行の気分を味わいに行こう!橋を渡るとすぐに箱根湯本温泉街があります。お土産屋さんが軒を連ねているので、見て歩くだけでも楽しいです。ちょうど箱根スイーツコレクションがあったので、地図を見ながら訪ねました。

IMG_6019


IMG_6020


IMG_6021


あっという間の日帰り温泉の旅でした。お土産いっぱい買って、17時半のロマンスカーで帰ると新宿に19時につきました。疲れるほどの距離でもないし、温泉の気分を味わえたから良かったのかな!!!




♪にほんブログ村に参加しています!いいね!と思う方はクリックで応援お願いします♪


にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ